2020年11月01日

土木ウォッチング&Discover Doboku/大阪万博のレガシー“太陽の塔”/芸術家岡本太郎がデザインしたSRC 造搭状施設

img1091.jpg
東京都市大学名誉教授
吉川 弘道


それは、2014年9月11日夕刻、出張先での出来事でした。
大阪での用務のため、たまたま万博記念公園駅(大阪モノレール)近くのホテルを予約し、太陽の塔に期せずして再会したのです。駅を降りてホテルに向かって歩いていましたが、背後に何か気配を感じ振りむいたら、この塔がこちらを見ていたのです。かなり上空からの目線でした。
『生きていたんだ、太陽の塔』。本当にそう思ったのです。
(岡本太郎ファンの皆様、地元に慣れ親しんでいる方々には失礼ないい様ですが、本当にそう思ったのです)。高校3年の時、関西修学旅行で訪れた大阪万博(正式名称は日本万国博覧会:1970年3月15日〜9月13日開催)以来なので、40年振りの再会でしょうか。
『元気だった?』と尋ねたら、黄金の顔がコクンとうなずいていた(ような気がした)ので、
『(私は)こんな大人(?)になりました』と報告しました。
思いもかけない半世紀ぶりの会話(微妙に大袈裟になっています)で、何か目頭が熱くなるのを感じながらも、ホテルのチェックインに急ぎました。
さて、この太陽の塔は、1970年開催の大阪万博のシンボルとして設置された、高さ約70mのSRC造(一部鉄骨)の搭状施設。岡本太郎がデザインしたこの塔は、未来を象徴する頂部の“黄金の顔”、現在を象徴する正面の“太陽の顔”、過去を象徴する背面の“黒い太陽”、の3つ顔を持つ。昭和真っただ中にあって、この塔に見守られながら、それぞれに異彩を放つ外国/企業系のパビリオンを渡り歩き、次々に出っくわすカルチャーショックを享受していました(長い長い待ち行列にもへこたれずに)。上目線ですが、微動だにしない太陽の顔に、当時の様子を懐かしく思い出させてくれました。
‘太陽の塔オフィシャルサイト’https://taiyounotou-expo70.jp/about/project/ によれば、再生事業として、塔の耐震工事の実施と内部展示の「生命の樹」、第4の顔「地底の太陽」を復元し、既に一般公開(事前予約制)しているとのこと(すぐにでも、現地に馳せ参じる所存です)。
 加えて、建設ニュースhttps://www.constnews.com/?p=23315 によれば、塔の構造は、下部がRC造、中央部がSRC造、上部と腕部がS造の地下1階地上2階建て延べ1304m2。改修工事は、下部が内壁増し打ち補強、上部が既存鉄骨に補強鉄骨フレームを設け、既存エスカレーターを撤去するとともに、鉄骨階段を新設するとのこと。
 改めて整理すると、太陽の塔との出会いは1970年(昭和45年)。当時、大学受験を控え、理系とは決めていましたが(先生が決めていた?)、どんな分野どんな学部/学科が良いか逡巡している時期でした。そんな折り、コンクリート建造物(建築物ですが)との邂逅を果たしていたのでした。大学進学後、卒論でコンクリート構造を選択し、(40年ほど途中略)現在に至り、このCNCP通信の原稿ワープロをたたいています。やっぱり、建築の方が良かったのかな?(こら〜、そっちか!!)。

■追伸:社会インフラ(“土木”、または“Doboku”と総称しています)の醍醐味と意義を伝えるべく、下記の2つのサイトを主宰しています。
☆★☆土木ウォッチング -インフラ大図鑑-:https://www.doboku-watching.com/
***1,100の記事を公開しています
★☆★Discover Doboku -日本の土木再発見-:https://www.facebook.com/DiscoverDoboku/
***フォロワーが10,000人を超えました
社会インフラを、次世代に繋げるための現世代のミッションと考えています。ご支援ご愛顧ください。Infrastructure for the Next Generation.
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)

大阪万博のレガシー“太陽の塔”

 数年前、昭和世代には忘れられない“太陽の塔”に再会し、改めて紹介致します。   
 1970年(昭和45年)開催の大阪万博のシンボルとしてデザインされた高さ70mのSRC造(一部鉄骨造)の搭状施設ですが、多くのレガシーを築きました。
 3つの顔、黄金の顔/太陽の顔/黒い太陽が会場内を見つめ、海外の来訪者にも強烈なインパクトを与えました。高校生の私は、この顔に見守られながら、国内外のパビリオンを巡り歩いたのです。
 最近、耐震改修工事と内部再生事業が完了し、太陽の塔を有する万博記念公園の再出発に大きな期待が高まっています。
▼フレンズコーナーに続く。
(吉川 弘道)

img1087.jpg

img1088.jpg

私が主宰する土木ウォッチングには、このような投稿記事を分類/公開しています(現時点にて1100件1800セッション)。
https://www.doboku-watching.com/
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)

土木ウォッチング&Discover Doboku/大阪万博のレガシー“太陽の塔”/芸術家岡本太郎がデザインしたSRC 造搭状施設

img1091.jpg
東京都市大学名誉教授
吉川 弘道


それは、2014年9月11日夕刻、出張先での出来事でした。
大阪での用務のため、たまたま万博記念公園駅(大阪モノレール)近くのホテルを予約し、太陽の塔に期せずして再会したのです。駅を降りてホテルに向かって歩いていましたが、背後に何か気配を感じ振りむいたら、この塔がこちらを見ていたのです。かなり上空からの目線でした。
『生きていたんだ、太陽の塔』。本当にそう思ったのです。
(岡本太郎ファンの皆様、地元に慣れ親しんでいる方々には失礼ないい様ですが、本当にそう思ったのです)。高校3年の時、関西修学旅行で訪れた大阪万博(正式名称は日本万国博覧会:1970年3月15日〜9月13日開催)以来なので、40年振りの再会でしょうか。
『元気だった?』と尋ねたら、黄金の顔がコクンとうなずいていた(ような気がした)ので、
『(私は)こんな大人(?)になりました』と報告しました。
思いもかけない半世紀ぶりの会話(微妙に大袈裟になっています)で、何か目頭が熱くなるのを感じながらも、ホテルのチェックインに急ぎました。
さて、この太陽の塔は、1970年開催の大阪万博のシンボルとして設置された、高さ約70mのSRC造(一部鉄骨)の搭状施設。岡本太郎がデザインしたこの塔は、未来を象徴する頂部の“黄金の顔”、現在を象徴する正面の“太陽の顔”、過去を象徴する背面の“黒い太陽”、の3つ顔を持つ。昭和真っただ中にあって、この塔に見守られながら、それぞれに異彩を放つ外国/企業系のパビリオンを渡り歩き、次々に出っくわすカルチャーショックを享受していました(長い長い待ち行列にもへこたれずに)。上目線ですが、微動だにしない太陽の顔に、当時の様子を懐かしく思い出させてくれました。
‘太陽の塔オフィシャルサイト’https://taiyounotou-expo70.jp/about/project/ によれば、再生事業として、塔の耐震工事の実施と内部展示の「生命の樹」、第4の顔「地底の太陽」を復元し、既に一般公開(事前予約制)しているとのこと(すぐにでも、現地に馳せ参じる所存です)。
 加えて、建設ニュースhttps://www.constnews.com/?p=23315 によれば、塔の構造は、下部がRC造、中央部がSRC造、上部と腕部がS造の地下1階地上2階建て延べ1304m2。改修工事は、下部が内壁増し打ち補強、上部が既存鉄骨に補強鉄骨フレームを設け、既存エスカレーターを撤去するとともに、鉄骨階段を新設するとのこと。
 改めて整理すると、太陽の塔との出会いは1970年(昭和45年)。当時、大学受験を控え、理系とは決めていましたが(先生が決めていた?)、どんな分野どんな学部/学科が良いか逡巡している時期でした。そんな折り、コンクリート建造物(建築物ですが)との邂逅を果たしていたのでした。大学進学後、卒論でコンクリート構造を選択し、(40年ほど途中略)現在に至り、このCNCP通信の原稿ワープロをたたいています。やっぱり、建築の方が良かったのかな?(こら〜、そっちか!!)。

■追伸:社会インフラ(“土木”、または“Doboku”と総称しています)の醍醐味と意義を伝えるべく、下記の2つのサイトを主宰しています。
☆★☆土木ウォッチング -インフラ大図鑑-:https://www.doboku-watching.com/
***1,100の記事を公開しています
★☆★Discover Doboku -日本の土木再発見-:https://www.facebook.com/DiscoverDoboku/
***フォロワーが10,000人を超えました
社会インフラを、次世代に繋げるための現世代のミッションと考えています。ご支援ご愛顧ください。Infrastructure for the Next Generation.
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 人文等