2019年01月01日

共通価値の創造(CSV)とは

世の中の社会課題を本業で解決するCSV事業

img016.jpg
第3回となるCNCPサロンは、12月11日(火)17時20分から神田錦町の「ちよだプラットフォームスクェア」で、野村総研の西尾紀一氏を講師に迎えて、CSVについて解説していただいた。
CSV(共通価値の創造=Creating Shared Value)というコンセプトは、2011年にハーバード大のマイケル・E・ポーター教授により提唱された。企業活動において、社会課題の解決と企業の利益創出を両立させて、企業に新たなビジネスチャンスをもたらそうというものである。社会的価値と経済的価値は企業活動において離れていると思われていたが、重なる部分もあり、そこをCSV活動領域=共通価値が創造される領域ととらえる。

社会課題に対応することで社会的価値を創造し、同時に経済価値も創造できるアプローチである。これは、慈善活動ではなく、あくまでも収益モデルを持つ事業として取り組むことで創造される。CSR(企業の社会的責任)が社会に負の影響を及ばさないようにする予防=守りの取り組みに対して、CSVは事業を通じた社会課題解決活動=攻めの取り組みといえる。
CSV事業の国内事例として、伊藤園の茶産地育成事業(コンセプト:産地と伊藤園の共栄、背景:茶葉の需要増大なるも茶農家の減少、実施した活動:契約栽培と新産地事業)が紹介された。ここでの共通価値は、■社会的価値:農村部の地域振興(農業発展)、担い手不足の解消 ■企業にとっての価値:国産茶葉(原料)の安定供給、品質向上、とのことである。
つぎに講師より、国家レベルの課題「増大する国民医療費」の対応として、企業の健康経営(健康管理を経営課題としてとらえ、従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上をめざす経営手法)とCSVをからめてアプローチする概念図が提起された。
今回、なじみのない概念であったCSVの概略を教えていただいて、我われNPO活動に携わるものとして、社会貢献のあり方についてより多面的に知ることができた。私事であるが、筆者の属する団体は事業型NPOとして活動してきたが、CSVと競合ではなく協働できることもわかった。
一方で、事業として取り組む企業の信用と信頼をえるために、我われも実績をあげ組織を整えなければならないと思った。
img017.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | NPOファイナンス等

展示会出展『社会インフラテック2018』

主  催 インフラメンテナンス国民会議・日本経済新聞社
開催日時 2018年12月6日(木)〜8日(土)10:00〜17:00
開催場所 東京ビッグサイト(東京都江東区有明)


うなぎ完全養殖インフラ整備事業研究会では、うなぎの持続可能社会を目指し、今年の4月から「うなぎ持続可能プロジェクトSEFI(Sustainable Eel Farming Infrastructure)」として一般向けに情報発信を始めています。その一環で、『社会インフラテック2018』の自治体・団体・アカデミックゾーンに出展しました。
本展示会は『エコプロ2018』と併設されており、3日間で16万人を超す多くの来場がありました。会場内は、SDGsをキーワードに環境に配慮された製品・サービスの発表が目立ちました。SDGsに関わる市場創出は1,320兆円と試算されており、17の目標と169のターゲットを指針とした技術開発がビジネスの課題になると主張されています。なかでも大きな部分を占めるのは、「エネルギー」と「素材」の分野。如何に再生可能なエネルギーと素材を使って社会を構築するか。その命題に多くの企業が真剣に向き合っている空気を感じました。
『社会インフラテック2018』においては、公共インフラの老朽化対策の最新技術・ノウハウから、IoT、AI、ドローンを活用したインテリジェント・インフラまで、幅広くインフラメンテナンスの最前線が紹介されました。CNCPも参画しているインフラメンテナンス国民会議のブースでは、国内のインフラメンテナンスに係る優れた取り組みや技術開発を表彰する「インフラメンテナンス大賞」の受賞例を紹介しており、インフラの持続可能性に対する来場者の関心を高めていました。
img014.jpg
▲「エコプロ2018」と併設された「社会インフラテック2018」には多くの来場者が訪れた


うなぎが絶滅危惧種に指定されてから早4年が経ちますが、日本人のうなぎへの危機感は未だ低いように思われます。うなぎの生態系と食文化を守るポイントは、@天然うなぎ・稚魚の保護、A完全養殖の実用化、B河川・沿岸などインフラの整備とし、“うなぎを守りながら食文化を絶やさない世の中にしたい”と、本展示会のブースでも訴えました。幾人かは足を止めていただき、「うなぎの今後はどうなるのでしょうか?」と質問されたり、「このような新しいコンセプトが大事だ」と言っていただいたりしました。
国民の皆様にうなぎの現状を知っていただき、関心を持ってもらうことが第一歩です。これからもSEFI(http://sefi.jp)を中心に、うなぎの持続可能社会を目指して活動を続けて参りたいと思います。
img015.jpg
▲自治体・団体・アカデミックゾーンに出展したCNCP「うなぎ持続可能プロジェクトSEFI」のブース

posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | インフラメンテナンス

〜JFMA公共インフラマネジメント連続シンポジウム報告(2)〜

(特非)社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会(SLIM Japan)
副理事長 鈴木 泉
img009.jpg


前回に続き、JFMA公共タスクフォース主催、SLIM Japan(講師、パネリスト)、インフラメンテナンス国民会議市民参画フォーラム協力による公共インフラマネジメント連続シンポジウム後半2回の開催を報告する。このシンポジウムは、公共施設等総合管理計画を実行に移す際に参考となる知識や情報を取得できる勉強会である。講師による講演と続いてパネルディスカッション、会場とのトークセッションと全員参加型の連続4回の内容である。
第3回平成30年11月17日(土)は、「橋の調査・点検・診断の近未来展望(AIの活用)」をテーマとし、宮本文穂氏(山口大学名誉教授、SLIM Japan理事)より「橋の健康診断と余寿命推定」のタイトルで基調講演、続いて山中鷹志氏(元日本道路公団、SLIM Japan理事)、澤健男氏(元国交省)、窪田論(関西大学准教授)、浅野和香奈氏(日本大学研究員)、と4人のパネリストを加え、コーディネーター鈴木泉(SLIM Japan副理事長)の進行でパネルディスカッションを行った。講演では、公共インフラは大量に造る時代から維持管理によって長寿命化させる時代に変わった。橋梁などの構造物の現状を健康診断(評価・判定)し、必要に応じて治療・リハビリ(補修・補強計画)する「構造物のお医者さん」のようなシステムの構築が必要とする。既存のコンクリート橋を対象として、健康診断システム及び余寿命推定に至る一連の流れが実例を用いて紹介された。橋の基本構成と役割、そして劣化を引き起こす要因を正しく知ること。インフラドクターを育成する必要性、また日常的な排水桝の清掃の必要性を教育するなど。さらに今後AIを適用する前に、いろいろな要素を理解することなどが強調された。
img010.jpg
第3回基調講演


パネルディスカッションでは、「健全な維持管理をするために、何をどのように変えれば良いか。少し視点を変えて見るなど。」を論点とした。山中氏は、合理的な点検、分かりやすい評価法、保全・補修技術、管理手法の確立を強調し、中小市町村の広域組合(消防、清掃工場の例)を紹介された。澤氏は、「コンクリート構造物のマネジメント」の話題とし、最劣化が生む負の連鎖、補修後のトラブルについて、特に塩害対策について意見した。窪田氏は、「維持管理の日常履歴データをIT技術で効率化を目指す方法」土木工学と情報システムの融合について近未来の可能性を語った。浅野氏からは、市民協働事例として、インフラメンテナンス国民大賞受賞「みんなで守る橋のセルフメンテナンス福島モデルの構築と実践」を紹介された。一般市民でも橋の点検ができるチェックシートを作成し、活用することで地域での予防保全活動となった。また技術者も活用し、日本各地での点検・清掃活動と広がっていること。さらにインフラに対しての関心・愛着に繋がるセルフメンテナンスについて強調された。

img011.jpg
パネルディスカッション(話題提供)


会場からの意見:「複数年の包括契約は、新しい点検技術を加速させるのでは」「近接目視に変わる技術革新も必要だが、全橋点検の見直しも必要では」「橋も人も寿命がわかれば、何をすべきか考える」「橋のセルフメンテナンスは、まさに予防保全モチベーション向上策」など、新たな視点での意見が多く出た。今回のシンポジウムでは、橋の維持管理など具体的な内容を取り上げて地方インフラの現実の状況を知り、見えなかった問題解決の方向性が共有できたことが大きな成果だと思う。
第4回平成30年12月15日のシンポジウムは、「民間セクターの活用」民間資金PPP/PFI事業の活用をテーマで開催された。基調講演では、海藤勝氏(英国仲介士、SLIM Japan理事)より4つの、1)官民パートナシップ事業スキームの基本、2)公共セクターのコミットメント、3)リスク分担とVFM(バリューフォーマネー)、4)インフラマネジメントとインフラメンテナンスについてPFI事業の重要なところを分かりやすく海外実績から説明された。続いて、話題提供として国内事情「日本のインフラ投資ビジネスは今」、菅健彦氏(インフラビジネスJAPAN編集長)、「民間提案に有料道路事業の運営について」中川均氏(株虫ハイランドウェイ代表取締役)の二人のパネリストを加えパネルディスカッションとなった。

img012.jpg
第4回パネリスト紹介


菅氏は、「日本の公共インフラの投資は予想どおり鈍い。民間のインフラ投資特にエネルギーは活発であり、海外進出も予想外に多い。集客力のあるコンテンツを持つ民間が主導でそれを自治体がどう誘致できるか、民が官を選ぶ時代」と。中川氏からは、「道路を買収し、地方自治体の抱える課題と同じ諸問題を一つずつ解決してきた。地域協働ワークショップからサービスレベルを設定し、維持管理コストを見える化し、スタッフ全員のコストとサービスの意識を高めた」など、マネジメントの実際を紹介された。現在の課題「何が問題か、解決にヒントは」の議論の中で、公共セクターのコミットメント(事業化の環境作り)財政支出・VFMの明確化があって民間セクターに競争意識が出ること。リスクを負えるコントラクターの資質・資格の有り方について強調された。「VFMの定義があいまいだ」「メンテナンスをきちんとすれば、アセットの価値は保たれる」の意見。続いて地方公共にどう活かせるかについては、まず、「PPP/PFI推進アクションプラン概要」を共有してから議論した。「まず政府がイニシアチブを取りコミットメントすることが重要」「国内の小さいパッケージにどうつなげるか」など。
また会場とのトークセッションでは、「ハコモノに比べ道路等のインフラはリターンがわかりにくい」「政府が具体的にどうコミットメントすれば良いか」「首長のやる気・覚悟がないと職員の意識は上がらない」など多くの意見が交わされた。第4回目は、まさに公共インフラの現状を知り、FM活動をいかにマネジメントに活かすためとして最終に相応しいシンポジウムになったと思う。
既に参加者アンケートからも、大きな評価を頂いているので、この4回の連続シンポジウムの成果を更なる活動として次に繋げて頂くことを期待したい。

img013.jpg
全員参加のトークセッション
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | インフラメンテナンス