2019年03月01日

フランクルの人間性心理学と自己超越性

img045.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム副代表理事
(東京都市大学副学長)皆川 勝


ヴィクトール・フランクル(1905-1997)は,オーストリア生まれの精神科医・心理学者です.ユダヤ人として第二次世界大戦中にナチスによりアウシュビッツ強制収容所に収容され,奇跡的に生存・解放され,父母や妻を収容所で亡くしました.収容所での体験をもとに執筆された「夜と霧」が有名です.本稿では,フランクルが提唱した人間性心理学の概要を,山田邦男訳の「意味への意思」(春秋社, 2002.7.)その他の著作を参考に紹介するとともに,この心理学の観点から態度決定のあり方を考察します.
フランクルは,右図に示すように,人生の意味は,「意味への意思」を持って,態度・創造・体験の価値を生むことにあり,特に自己超越的に態度価値を実現することにより,自己実現あるいは幸福が結果として得られるとしました.自己超越とは自分自身の欲求と関わらないことを意味しており,利他性と通じる概念です.人間以外の動物が利用価値をもつのに対して,人間に利用価値を求めるべきではないとし,良心という意味器官を用いて,自律的に束縛されず行動を起こすことができる人間の人格的価値の重要性を説きました.人間は「何かからの自由」と「何かへの自由」という二つの自由性をもっており,前者は束縛からの自由を,後者は行動への自由を意味しています.特に後者の自由は良心に基づいて行動することの自由性であり,これこそが人間の人間たるゆえんであるとされています.自由性を有する行動により,人間は自分の未来の行動を選択することができます.
また,人生の意味は,人により,日により,時間によって異なってくるものであり,重要なことは人生一般の意味ではなく,各人の人生の個々の瞬間における態度決定などによる意味であるとされています.このことは,ある特定の人間の言動が社会を危険に陥れたり,逆に救ったりすることになるような状況での行動の選択では重要です.

img749.jpg

このフランクルによる人間性心理学から何を学ぶかもまた人それぞれだと思います.私たち日本人は,狭い組織の中で「個人」を主張せず,周囲を気にしながら,当たり障りのない言動を選択する民族と言われます. 何らかの権力や権威におもねって,自らの主張を述べることを躊躇っていないでしょうか.私自身の人生はそのようなことの連続であったように思います.フランクルは,「行動を起こした事実は過去の事柄になることによって固定化され,永遠に生きる」と述べています.やるべき時に行動を起こさなかったこともまた,過去に固定化され消せないことを意識することが自己変革や社会変革の第一歩であるように思います. 皆川 勝(minatororo@gmail.com)
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)

第11回 「建設」ということば

東京国立博物館で「顔真卿」展を見た。特別展示177点の名筆の中に14世紀初頭元の時代、蘇州の道教寺院玄妙觀の三門を修復した由来を記した『楷書玄妙觀重修三門記巻(趙孟頫筆)』があり、約500文字の碑文の中に「建設」と「土木」の文字があった。「是故建設琳宮」と「土木云乎哉」は訳すと「そのため琳宮を新しくつくった」と「土木(建物)のことであろうか」である。[注:東京国立博物館の画像検索「三門記」入力で閲覧可能]
「建設」は、五経の一つ前漢時代の『礼記』祭義篇の「建設朝事(朝の祭事を用意し整える)」が初出とされ、新しい仕組みや組織をつくることの意味で、また構造物を新たにつくりあげる意味にも用いられる。この碑文では、「建設」がつくること、「土木」がつくられたものとの使い分けになっている。
その頃の日本は鎌倉時代後期で寺社をつくる「造営奉行」、殿舎をつくる「作事奉行」が幕府の職制に置かれ、「建設」の用例を見つけることはできない。
幕末になって、横浜の週刊英字新聞『Japan Commercial News』を翻訳筆写した『日本貿易新聞(柳川春三)』第73号1864年8月28日発行に「鎮台を置ける処へ、相応の外国ミニストル館を建設せられん事を取計はん為に、」とあり、これが新たにつくりあげる意味の「建設」の日本初出である。
それまでは「たてる」(立・建)がたとえば『万葉集』に、「つくる」(作・造)が『古事記』にあるように共に古くから現代へと続く和語が優勢であったため、明治期の漢語の流行までは「建設」の使用が限られていたことによる。 (土木学会土木広報センター次長 小松 淳)
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 人文等

世界の古代文明を継承する日本文化について

img666.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 個人正会員
(NPO法人 関西ミニウイングス 事務局長)
山下 正章


1. はじめに
NPO活動で知り合いになった外国人の方々が、「日本の文化に接すると、何故か穏やかさや懐かしさを感じる。」と言います。また、どこで覚えたのか「一期一会」「経世済民」などの四文字熟語や工事現場での標語「安全第一」「品質第二」「生産第三」の意味を学んでいて、「日本が安全で美しい国である」ことが理解できるとも言います。その理由を探るために日本文化のルーツについて考えてみました。
2. 話し言葉・文字(日本語のルーツ)
世界の言語は、@孤立語(中国語等)、A屈折語(欧米語等)、B膠着語(日本語等)等に分類されています。これらの言語は、古代のメソポタミア文明の地域で話されていた言葉が変化したと考えられています。膠着語は古代の中東でのシュメール語が最も古く、トルコ語、モンゴル語、朝鮮語、日本語などに変化したと考えられています。
文字については、黄河文明での甲骨文字から生まれた漢字が伝わり、大和言葉と融合しつつ新たな仮名が創作され、日本独特の話し言葉や和歌等の文学が生まれたようです。伝統ある和歌の神髄は、本当に伝えたいことをあえて隠し、相手に察してもらうところにあるそうです。だからこそ和歌を学ぶと相手の心を「察する」習慣が身につき「思いやり」や「おもてなしの心」といった、日本文化特有の美徳が育まれるのだそうです。
3. 宗教と哲学(精神文化のルーツ)
世界の一神教はメソポタミアで聖書として体系化され、西方にはキリスト教、東方には原始キリスト教(ユダヤ教・景教)として世界中に伝承されたと考えられています。日本には弥生時代末期に渡来人により原始キリスト教の教えが伝わり、縄文時代からの自然信仰や神話と融合する形で古代神道になったという説があります。日本書記の神話の物語と聖書の物語が類似していることや伊勢神宮の建築様式、式年遷宮のしきたりなどが類似していることなどが多くあることが根拠だそうです。
その後、インドで生まれた仏教が伝わり、古代神道と仏教が融合します。日本では宗教的な意味よりも哲学的な意味を重視していたのだと思います。すなわち、人の生きる道は修行して身に着けるという教えで、働くことが人の道を極めるという考え方です。
4. ものづくり(職人技術のルーツ)
縄文文明におけるものづくり技術は、石器・土器製造、石の加工や研磨などの技術、及び巨木建築、木工、竹細工、藁や麻の加工、貝殻や獣の骨の加工などの生活するための基礎技術であったと考えられます。いずれも世界最古の技術です。
その後弥生時代になると、渡来人により製紙技術や絹織物技術(黄河文明)、鉄などの金属製造技術(メソポタミア文明)などが伝わり、日本の職人が日々改良するとともに後輩に伝授してきました。現在では、先端的な科学技術立国の一つになっています。
5. おわりに
縄文文明を基軸として、世界の文明で生み出されたものを吟味した後に取り入れ、融合・改良してきたものが日本文化ということになります。あらゆる古い文明を破壊することなく継承してきたことは、世界に例がないのかも知れません。
元号も新しくなり、地政学的に恵まれた日本列島で暮らしている日本人がその文化を護りつつ、世界の人々に恩返しをする時代になったように思います。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 人文等