2019年04月01日

建設系NPOへの追い風

img750.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 法人正会員
NPO法人道普請人 理事 福林 良典


筆者が感じる建設系NPOへの追い風について、2018年度の活動を振り返りつつ紹介してみたい。
私たちは「自分たちの道は自分たちで直す」という意識を広め世界の貧困削減に貢献しようと、アジア、太平洋州、アフリカで住民らと道路の整備を行っている。整備対象とする道路は幹線道路から枝分かれした、小規模で利用者も少ないが、地元の人々にとっては生活を支える道である。通行性が改善することに加え、自分たちで生活環境をよくした経験が自信となり、積極的な行動を起こせるようになる。現在、世界は「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、産官学が各々の専門や得意分野で取り組んでいる。誰も取り残さない、という取り組みが主流化されている。
2018年には新規に2か国で活動を行った。マダガスカルでは、小学校建設プロジェクトの一環で、通学路を小学校の教員や生徒の保護者らが集まり直すことになった。限られた整備距離ではあったが、人々は子供たちの教育のためにと積極的に参加した。ODA事業で学校建設の設計と施工監理を行う、日本の建築設計事務所との連携であった。
西アフリカのセネガルに囲まれたガンビアという国では、若者への現金収入や技能習得の機会を与えつつ道路整備を行った。日本政府の補正予算を受けILO(国際労働機関)が計画した事業を、日本のNPOである弊団体が受託し実施した。ケニア事務所で10年以上活動してきたケニア人スタッフが、現地に駐在しガンビア人の若者を相手に道普請を行った。
10年間日本人が駐在し活動したケニア事務所は、ケニア人スタッフに任せることにした。日本人はウガンダに駐在し、新たな事業を起こした。ルワンダでは別の日本人駐在員により事業を行っており、その様子はNHKワールドの番組で紹介された。ミャンマーでは大学生が一年間休学して現地に駐在し、3000万円規模の事業の業務調整を担当してもらっている。メールや電話、現地での指導ともちろん手はかかるが、一年後の成長ぶりが彼自身と日本の将来に期待を持たせる。
SDGs、多分野での活動、他機関との連携、国際化、現地化、人材育成、若者、といったキーワードが含まれる。建設系のノウハウに基づく活動が、上記のような活動展開を可能にしてきた、と感じている。
なぜかこの人と話をすると何事もうまくいきそうな気がする、という人がいる。そういう報告や発信ができるような、団体でありたいと思う。初心を忘れず(ぶれずに)、今後も成長していけるよう努力していく。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | インフラメンテナンス

建設系NPOへの追い風

img750.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 法人正会員
NPO法人道普請人 理事 福林 良典


筆者が感じる建設系NPOへの追い風について、2018年度の活動を振り返りつつ紹介してみたい。
私たちは「自分たちの道は自分たちで直す」という意識を広め世界の貧困削減に貢献しようと、アジア、太平洋州、アフリカで住民らと道路の整備を行っている。整備対象とする道路は幹線道路から枝分かれした、小規模で利用者も少ないが、地元の人々にとっては生活を支える道である。通行性が改善することに加え、自分たちで生活環境をよくした経験が自信となり、積極的な行動を起こせるようになる。現在、世界は「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、産官学が各々の専門や得意分野で取り組んでいる。誰も取り残さない、という取り組みが主流化されている。
2018年には新規に2か国で活動を行った。マダガスカルでは、小学校建設プロジェクトの一環で、通学路を小学校の教員や生徒の保護者らが集まり直すことになった。限られた整備距離ではあったが、人々は子供たちの教育のためにと積極的に参加した。ODA事業で学校建設の設計と施工監理を行う、日本の建築設計事務所との連携であった。
西アフリカのセネガルに囲まれたガンビアという国では、若者への現金収入や技能習得の機会を与えつつ道路整備を行った。日本政府の補正予算を受けILO(国際労働機関)が計画した事業を、日本のNPOである弊団体が受託し実施した。ケニア事務所で10年以上活動してきたケニア人スタッフが、現地に駐在しガンビア人の若者を相手に道普請を行った。
10年間日本人が駐在し活動したケニア事務所は、ケニア人スタッフに任せることにした。日本人はウガンダに駐在し、新たな事業を起こした。ルワンダでは別の日本人駐在員により事業を行っており、その様子はNHKワールドの番組で紹介された。ミャンマーでは大学生が一年間休学して現地に駐在し、3000万円規模の事業の業務調整を担当してもらっている。メールや電話、現地での指導ともちろん手はかかるが、一年後の成長ぶりが彼自身と日本の将来に期待を持たせる。
SDGs、多分野での活動、他機関との連携、国際化、現地化、人材育成、若者、といったキーワードが含まれる。建設系のノウハウに基づく活動が、上記のような活動展開を可能にしてきた、と感じている。
なぜかこの人と話をすると何事もうまくいきそうな気がする、という人がいる。そういう報告や発信ができるような、団体でありたいと思う。初心を忘れず(ぶれずに)、今後も成長していけるよう努力していく。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等

「体幹」を鍛え、『体感』を甦らそう

img758.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム サポーター
(NPO法人 社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会 事務局長)
 宮下 裕美


平成25年の春、定年延長もあとわずかという時に同じ市内に住む娘からある「ちいき新聞」なるものを手渡された。以前にも投函されていたが“気”にも止めていなかった。新聞内容は、市内の店舗の広告宣伝(割引クーポン券付き)・販売支援サービス・地域情報の口コミなどなど。しかしわざわざ今回持参してくれたのには訳があった。定年後、親父が家に引きこもり(町内との付き合いは現役中全くなし)状態を懸念してのことである。
一面の見出しに写った記事には、6人のおじさん(おじいさん?)方が颯爽としたレース用の自転車に跨り、安全ヘルメットを被り、こう呼びかけていた。「仲間を募集中です。この6人だけではキャッチボールしかできません。少なくともあと3人の参加・入団が必要です。」と。何の話かと思いきや、続けて読むと「我々自転車を乗り回し、色々な所へ行っています。しかしこれからは、地元の方々とより楽しく過ごすのには、「団体でしかできないソフトボール同好会」を作ろうとのことで今回市民の皆様に呼びかけました。経験の有無は二の次。衰え始めた体を無理なく動かそうとの集まりです!!参加希望者は連絡をお願い。とのお誘い。

img759.jpg
ソフトボールチーム柏オールドボーイズのメンバー

img760.jpg
ソフトボールチーム柏ゴールドスターのメンバー

早速のお誘いに応募し、指定場所での初練習に行くと以前の6人に、新人10人を加え16人のチーム。毎週木曜日の朝9時から昼まで。雨以外は毎回参加して現在まで。今では、新入団員を断るのが大変だそうです。そこで知り合った方からの誘いで現在、古希リーグ県代表チームで頑張る運動マンです。
体を動かすことの重要性から、このソフトボールに加え40数年前から始めた「ゴルフ」も少々たしなみ、また社会貢献の立場から「市のシルバー人材センター」に登録し、週3日一日3時間の労働協力をしています。
ソフトボールの練習・試合後の特に「右肩の痛み」。日ごろの運動不足の“つけ”が回り、スポーツはしたいがあとの痛みを考えると…。と悩んでいると、前出の娘が曰く、「幼稚園の先生からトレーナーに変身した方がいるジムへ行ってみない?」。この日は3年前の「父の日」。プレゼント代わりに30分のトレーニングサービス。それに知人が開設している鍼灸医院での、針とお灸。併用で痛み解除したが、針先のちょっとした痛みでトラウマになり今は継続していない。
西洋医学のトレーニングは、若い時には頑張った(頑張れた)筋肉や腱が、年を重ねて衰えるのは当たり前。如何に今を持続させつつ、また運良ければ向上させれるか。が、永遠の課題だとトレーナーさん。10日に1回程度で全身の「体幹(インナーマッスル)」を鍛え、今ではハードなソフトの練習後でも翌日には「まったく右肩の痛みは解消」。体調の感覚 (体感) は戻り、いかにして継続していくかが今後の課題である。
古希リーグが4月2日から開幕します。

img761.jpg
体幹トレーニング中の筆者

img762.jpg
体幹トレーニング前後の姿勢
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等