2019年04月01日

CNCPの使命−ひろげる・つなぐ

img756.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 常務理事
(企画・サービス部門担当) 中村 裕司


企画・サービス部門は、これからCNCPがどんな活動を実施していくべきかを構想し、その構想を実施部門に提案していく役目を背負っていると考えています。そのためには、CNCPがどんな使命を帯び、どんな目的を掲げ、何をゴールにしているかをまずは知らなければなりません。
CNCPは、中間支援団体だと言われています。この「中間」とは何と何の中間なのでしょうか?新任理事であるがゆえに、私も自信を持ってお答えすることはできません。皆様と共に、考えていければよいなと思っています。
CNCPを中間支援のプラットフォームと捉える時、片側の対象はCNCPにご参加頂いているたくさんのNPO団体ではないかと思っています。そのNPO団体をもう片方の何かとつなぐ役割をする、それが中間支援組織であるCNCPの務めなのだと思っています。
では、何とNPOをつなぐことが役割なのでしょう。あるいは、つなぐべきNPO団体の対極にある何かとは何でしょう?それを「社会」あるいは「普通の市民」だと捉えてみたいと思います。
ところが、「社会」も「普通の市民」もどちらも概念が広すぎて掴みどころがありません。そこで、これを“それぞれのNPO団体が根を張っている地域の社会と住民”という風に置き換えてみてはどうかと思っています。
すなわちCNCPは、参加頂いているNPO団体と、そのNPO団体が根を張っている地域並びに地域住民とをつなぐ役割を果たすべきではないでしょうか?そのように眺めなおしてみると、CNCPの現在の活動の中でこの使命と目的に合致するものもあれば、そうでない活動があることも浮かんでくるのではないでしょうか。
一例ですが、CNCPが持つ情報力を駆使し、どこかの地域に根を張るNPO団体に対する地域や地域住民のニーズを見出すことはかなり現実的です。このニーズを、そこに根を張るNPO団体に繋ぎ、NPOが対応できる具体的な活動提案をして頂く。当該NPOだけでは需要に答えることができない場合には、必要な専門性を持った人あるいは望まれる専門的な知識を、CNCPのプラットフォームの中から見つけ出して提供をしていく。これが“ひろげる・つなぐ”を使命とするCNCPのあるべき姿ではないかと思っています。
企画・サービス部門では、現在ある地域のまちづくり推進協議会を支援する試みを検討しております。地域とCNCPが「包括支援協定」的な合意を結び、需要に応じて対応可能な範囲で地域のニーズに応えていく、といった活動を構想しています。
一つの地域で成功事例を生み出し、その事例を今後のCNCP活動の展開に活かすことができればよいがと希望しています。

img757.jpg
市民と共に橋を点検する
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | シビルNPOの現況と課題

土木と市民社会をつなぐ活動に参加しませんか?

img668.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム常務理事/土木学会連携部門長
土木学会/教育企画・人材育成委員会/シビルNPO推進小委員会 委員長
メトロ設計梶@技術顧問
田中 努


CNCPと土木学会は「土木と市民社会をつなぐフォーラム」の設立準備を進めています。土木学会には「土木広報センター」という部署があって、学会の外に向けて、様々な広報・広聴活動をしています。CNCPのメンバーには知らない方が多いと思いますが、下記を覗いてみてください。
土木広報センターHP:http://committees.jsce.or.jp/cprcenter/
土木学会Facebook:https://www.facebook.com/JSCE.jp/
さて、この土木広報センターが行っている下記の2つの「土木と市民社会をつなぐ活動」において、CNCP に協力要請がありました。CNCP に集うシビルNPO等の経験豊富なベテランエンジニアに期待が寄せられています。

■土木コレクション
「土木コレクション」というのは、土木の歴史資料・図面・写真など、普段目にすることができない様々なコレクションを、展示公開するものです。2008年に始まり、東京都との共催で、「土木の日(11/18)」前後の4〜5日間に、新宿駅西口広場イベントコーナーで開催し、この3年間は毎日8千〜9千人の参加を得ています。昨年の詳細は、下記より見てみてください。
https://www.facebook.com/pg/JSCE.jp/photos/?tab=album&album_id=1992431414177165

img752.jpg

昨年のテーマは2020東京オリンピック応援プログラムで、展示した「1964年東京オリンピック」のコレクションに関心が高かったそうです。そのため、今年も続きとして「東海道新幹線/東京モノレール/首都高速道路/東京の地下鉄 日比谷線・浅草線」を計画しており、そのパネルの説明をお願いされています。

■オープンキャンパス土木学会
「オープンキャンパス土木学会」というのは、2017年に始まったばかりですが、土木学会の長い歴史の中で初めての試みとして、学会関係者やその家族、土木分野への進学・就職希望者など、多数の方々を四谷の学会本部へお招きし、様々な体験型プログラムや映画観賞会等を通じ、『土木』への理解を深めていただく場を提供するものです。さらに、地域の方々や学会未入会の方々にも来場いただき、地域・社会に開かれた学会として有する知見や資源を社会へ還元・貢献していくことをめざしているそうです。硬いですが、つまり「土木と市民社会をつなごう」っていう活動です(笑)。
昨年は7/7(土)に開催し、「土木ふれあいフェスタ(体験型プログラム)」として、歩測体験/液状化実験/「ポケドボ」カードゲーム/実験で学ぶ土砂災害/橋梁模型実験/アーチ橋模型/トンネル実験をしたり、「どぼくシアタープログラム」として、8本の上映がありました。詳しくは、下記より見てみてください。
https://www.facebook.com/pg/JSCE.jp/photos/?tab=album&album_id=1840627236024251

img753.jpg

来年は東京オリンピックですので、今年の7/6(土)に開催予定の「オープンキャンパス土木学会2019」でも、「1964年東京オリンピック」のパネル展示を計画しているそうです。そのパネルの説明もお願いされています。

■皆さんのご協力をお願いします。
土木学会も、CNCPの活動のメインテーマである「土木と市民社会をつなぐ」活動を進めています。CNCPが他の中間支援組織と大きく異なる強みは、会員4万人の土木学会との強い連携です。CNCPと土木学会が連携・協働する具体の活動を増やしたいと考えています。
詳細情報は次号でお知らせしますが、ご協力いただけそうな方は、問い合わせを含め、事務局までご一報をお願いします。
以上
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

CNCPの使命−ひろげる・つなぐ

img756.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 常務理事
(企画・サービス部門担当) 中村 裕司


企画・サービス部門は、これからCNCPがどんな活動を実施していくべきかを構想し、その構想を実施部門に提案していく役目を背負っていると考えています。そのためには、CNCPがどんな使命を帯び、どんな目的を掲げ、何をゴールにしているかをまずは知らなければなりません。
CNCPは、中間支援団体だと言われています。この「中間」とは何と何の中間なのでしょうか?新任理事であるがゆえに、私も自信を持ってお答えすることはできません。皆様と共に、考えていければよいなと思っています。
CNCPを中間支援のプラットフォームと捉える時、片側の対象はCNCPにご参加頂いているたくさんのNPO団体ではないかと思っています。そのNPO団体をもう片方の何かとつなぐ役割をする、それが中間支援組織であるCNCPの務めなのだと思っています。
では、何とNPOをつなぐことが役割なのでしょう。あるいは、つなぐべきNPO団体の対極にある何かとは何でしょう?それを「社会」あるいは「普通の市民」だと捉えてみたいと思います。
ところが、「社会」も「普通の市民」もどちらも概念が広すぎて掴みどころがありません。そこで、これを“それぞれのNPO団体が根を張っている地域の社会と住民”という風に置き換えてみてはどうかと思っています。
すなわちCNCPは、参加頂いているNPO団体と、そのNPO団体が根を張っている地域並びに地域住民とをつなぐ役割を果たすべきではないでしょうか?そのように眺めなおしてみると、CNCPの現在の活動の中でこの使命と目的に合致するものもあれば、そうでない活動があることも浮かんでくるのではないでしょうか。
一例ですが、CNCPが持つ情報力を駆使し、どこかの地域に根を張るNPO団体に対する地域や地域住民のニーズを見出すことはかなり現実的です。このニーズを、そこに根を張るNPO団体に繋ぎ、NPOが対応できる具体的な活動提案をして頂く。当該NPOだけでは需要に答えることができない場合には、必要な専門性を持った人あるいは望まれる専門的な知識を、CNCPのプラットフォームの中から見つけ出して提供をしていく。これが“ひろげる・つなぐ”を使命とするCNCPのあるべき姿ではないかと思っています。
企画・サービス部門では、現在ある地域のまちづくり推進協議会を支援する試みを検討しております。地域とCNCPが「包括支援協定」的な合意を結び、需要に応じて対応可能な範囲で地域のニーズに応えていく、といった活動を構想しています。
一つの地域で成功事例を生み出し、その事例を今後のCNCP活動の展開に活かすことができればよいがと希望しています。

img757.jpg
市民と共に橋を点検する
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等