2019年07月09日

土木と市民社会をつなぐ活動

img819.jpg
CNCP 常務理事/土木学会連携部門長
土木学会/教育企画・人材育成委員会/シビルNPO推進小委員会 委員長
メトロ設計梶@技術顧問
田中 努


「土木と市民社会をつなぐ」活動は、CNCP全体の基本テーマですが、土木学会も同様の課題認識を持っているので、「土木学会連携部門」が先頭に立ち、他の部門と連携して進めています。
以下に、今、取り組んでいる2つの活動を紹介します。

■「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」の設立
「土木」の仕事は、道路・鉄道・上下水道・電気等の社会インフラの整備・維持・更新と防災・減災ですから、「土木」は「市民社会」に不可欠で、「土木」と関わらないで生きる市民はいません。しかし、「土木」は、同時に次のような問題も抱えています。
●問題1:「土木」は、同じように市民生活と密接な農業や漁業と違って、一部の自然環境や住環境を破壊しながら、全体最適を目指しています。したがって、犠牲を強いられる市民と利害関係のある市民に理解していただくことが必要です。

●問題2:近年の、人口の減少・税収の減少・インフラの老朽化・地震の活発化・豪雨の増強化等の問題山積の前では、「土木」が従来と同等の利便性や快適さ、安全や安心を維持するのは難しくなるので、市民に我慢してもらう必要があります。税負担と優先順位、不便さやリスクとどういうバランスで暮らしていくかを考えて貰う必要があります。

●問題3:「土木」の世界で働きたいと思う学生の減少があります。農業や漁業もなり手が居ませんが、インフラ施設や防災施設は輸入できません。ロボットや外国人の協力を得ても、国や地域の目指すべき将来像を構想し、具体化の計画をし、マネジメントするしっかりした技術者が必要です。
だから、「土木界」に居る産官学民と「市民社会」とが、互いの情報を共有し、共に考え、共に最適解を生み出していくことが望まれますが、CNCP通信59号に書いたような「溝」があります。
「土木と市民社会をつなぐ活動」は、土木学会では「土木広報アクションプラン『伝える』から『伝わる』へ【最終報告書】2013年7 月31 日(インターネットでダウンロード可能)」をまとめ、「土木広報センター」を設立して精力的な活動を展開しています。国・自治体・インフラ事業者・大学・企業・協会・NPO等の市民団体による様々な取り組みも、多数行われています。
それでも上記の問題1〜3が残り続けているので、志を同じくする仲間が集まって、連携・協働を一層し易くし、「市民社会」への発信力を増強させる「フォーラム」という「場」を作ります。
私たちと土木学会の小委員会が、1年間準備して、この7月に「土木と市民社会をつなぐフォーラム設立準備会」を発足させます。今後、活動状況を、CNCP通信とホームページで紹介していきますので、皆さんも、どうぞ、フォーラムにご参加ください。

■「CNCPボランティアガイド」として土木学会の「つなぐ活動」を支援
土木学会の土木広報センターでは、市民向けに下記の2つのイベントを行っています。ここではいろいろな展示物をいくつかの委員会が担当していますが、《特別企画展 1964東京オリンピック》というコーナーの説明をCNCPに要請されました。
CNCPでは、このような活動は、シニアのシビルNPOに向いていると思いますので、「土木と市民社会をつなぐ活動」の1つとして、「CNCPボランティアガイド」という支援活動に取り組もうと考えています。例えば、次のような「講師・ガイド」があると思います。
・イベント会場で用意されたパネル・模型・動画・簡単な実験などの説明等
・大学・学校の教室や講演会場での講演・WSの支援等
・社会資本施設・建設現場・災害現場・土木遺産などでの解説等
さらに、CNCP自身が取り組むイベントの他、CNCPの会員、および社会のシビルNPO・企業・土木学会等の団体・組織が「土木と市民社会をつなぐ活動」を行う際、シビル系(建設系)の技術者を必要とした場合に支援することも、次のステップとして考えています。
なお、NPOはボランティアではありませんが、イベントの性格と予算・収益の具合によって、報酬の多寡は様々と思います。
CNCPの会員とサポーターの皆さま、一緒に「ボランティアガイド」をして見ませんか? 一人でも多くの方のご参加をお願いします。お問い合わせは、CNCP事務局まで。


●オープンキャンパス土木学会2019
日時:2019/7/6(土)10:30〜16:00
場所:公益社団法人 土木学会 ●土木コレクション2019
日時:2019/11/14(木)〜17(日)8〜21時
場所:新宿駅西口広場イベントコーナー

img820.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | シビルNPOの現況と課題

閑話休題

事務局長 内藤 堅一


CNCP通信では、「土木と市民社会をつなぐ」シリーズを2019年1月から6月まで6回発行してきました。シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)では、2018年の見直しワーキングで、そのミッションとして「土木と市民社会をつなぐ」を掲げました。これに沿った具体の行動として、事業化推進部門では従来の「市民社会を築く建設大賞2018」の表彰の後、新規募集をお休みにして、「土木と市民社会をつなぐ事業研究会」を立ち上げ、何が活動として相応しいのか検討を進めています。また、土木学会連携部門では土木学会内に「土木と市民社会をつなぐフォーラム」を立ち上げる準備を進めています。
これらの活動とは別に、会員並びこの問題に関心を持っておられる皆さんにご意見を投稿して頂こうということでこのシリーズを始めました。掲載内容はCNCPのホームページ(URL:HTTP://npo-cncp.org/)から全て見ることができます。

第1回〜第6回までの掲載内容は以下のとおりです。
@ Vol.57(1/8発行) 山本卓朗代表理事 シリーズ開始にあたって
A Vol.58(2/12発行) 世古一穂理事   防潮堤問題にみる土木と市民社会
B Vol.59(3/12発行) 田中努常務理事  土木と市民社会の溝はどうしてできる?
C Vol.60(4/9発行) 三井元子理事  制度設計をも変える市民の科学
D Vol.61(5/14発行) 奥田早希子SP ファッションの後ろでがんばる土木を伝えたい
E Vol.62(6/11発行) 岩佐宏一常務理事防災減災につながる日常的な活動

今まではCNCPの理事やサポーターの方に執筆していただきました。今後は市民の皆さんはじめ各界のご意見を投稿して頂けるように考えています。
本シリーズの編集打合せでは、土木以外の分野の方に執筆いただく中で「土木に関する質問」があれば、投げかけて頂こうということになりました。質問によって、山本代表理事か内藤事務局長が回答することになっています。

Vol.64以降の執筆者を募集しています。現在お二人に投稿をお願いしています。投稿して頂ける方は、事務局長までご連絡ください。
執筆要領
・「土木と市民をつなぐ」活動事例、将来の活動などについて記載する。
・分量はA4 2枚程度、A4 1枚には写真、図表等と文字1,000字程度
・土木に関する質問を記載して頂ければ、Q&Aとして回答する予定。
・執筆の謝礼
会員、サポーターは無料、外部の方には規定により原稿料を支払います。
A4 1枚4,500円
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

質問コーナー

土木に関するみなさまのご質問にCNCPがお答えします

「閑話休題」の項に書きましたように、土木以外の分野の方からの質問に山本代表理事か内藤事務局長が回答します。今回は2件の質問に山本代表理事が回答します。この回答に別の面から見たご意見があればお寄せ下さい。また専門家の図解があればなお助かります。意見や図解は紙面に順次掲載していきます。

質問 1 土木事業を、行う人はどういう構造になっていますか?よく元請け、下請けということばを耳にしますが、どういう違いがありますか?

お答え 土木や建築などの事業は、事業者が発注して建設会社が受注して現地で橋や建物を作るという形が一般的です。受注した建設会社がいわゆる元請け(もとうけ)ですが、実務は土工事、鉄筋型枠工事、コンクリート工事など専門とするいわゆる下請会社に請け負わせます。ただし地域に限定した小さな工事は、もっと簡略した形で実施されています。課題として、下請けが一次下請け・・・・3次下請けなど重層構造になっていて、最下端は一人親方というケースもありますから、担い手不足が顕著になっている昨今では、時代にそぐわない面も多く、様々な構造改革が模索されています。

質問2 今、一番気になっていることですが、辺野古の海の埋め立てで杭が何本も使われていますが、浮き上がつて駄目だとききます。辺野古の海を埋め立てることはまちがいなのではないですか?

お答え 辺野古の埋め立ては、ホットな政治課題でもありますから、ここでは軟弱な地層での埋め立てや構造物の建造について少しお話しましょう。

ネットで検索しますと、辺野古の工事は、何万本の杭とか90Mの深さとか様々な記事が見られるように、たいへん難しい工事であると思われます。一般的な話ですが、我が国の地層は地表に固い岩盤が露出しているようなところはほとんどなく、ある深さまで杭を打ったり、軟弱な地盤を改良したりしますので、基礎工事には苦労が付きまといます。辺野古で採用されるのはコンクリート杭とか鋼管杭ではなく、サンドドレーンという砂杭です。軟弱地盤上に盛土をすることは可能ですが、対策をしないと完成後に長期間にわたり軟弱地盤が圧密と言ってゆっくりと沈下をします。それで工事中に圧密を促進するために砂杭を打って軟弱地盤の圧密を促進して、供用後の沈下を抑えようという工法で軟弱地盤に盛土をするときの一般的な工法です。効果は期待できますが、辺野古のような大規模な砂杭工法の採用は珍しいといえます。
ちなみに復元工事で有名になった東京駅赤レンガの本屋は、大正時代の建造ですが、当時の記録では、60cm間隔で5M前後の松丸太杭が1万本以上打ち込まれたそうで、その一部が丸ビルのホールに展示されているというプログもありますから、ぜひご覧になってください。現代はもちろん最新工法を駆使して難工事に挑みますが、巨大災害が頻発する時代でもあります。土木や建築の工事や工法に多くの方が関心を持っていただくことはたいへん有難いことです。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等