2019年10月01日

「土木と市民社会をつなぐ事業研究会発足」

<設立の背景>
CNCPは、設立3年を機にこれまでの活動を見直し、今後の活動の基本テーマとして「土木と市民社会をつなぐ」が設定されました。事業化推進部門でもこれを受けて、活動の見直しを行い、過去3回実施してきた、アワード事業と社会的課題解決を図るソーシャルビジネス(SB)や企業のCSV注1事業を中心に、「土木と市民社会をつなぐ」ためにどういう事業化を推進するべきかという視点で活動を見直す「土木と市民社会をつなぐ事業研究会」を立ち上げるに至りました。
注1:共通価値の創造(CSV)とは社会的課題を工夫のある事業で解決を図ると共に合わせて企業価値の向上を図る事業を称します。
<活動目的>
研究会の活動は社会的課題の解決を図る事業手法、特にソーシャルビジネス(SB)および企業の共通価値の創造(CSV)を学習すると共に建設分野における社会的課題の解決を図る事業を広く調査研究し、望ましい活動・事業とは何かを明らかにすることを目的とします。さらに、上記の望ましい活動や事業を実施している企業や団体を広く社会に紹介し、アワードとして賞することで、建設界に対する社会の理解を進めることも目的とします。また、この研究活動は土木学会とCNCPで進めている「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」に参画して進めるものとします。

<主な活動内容>
@ SBおよびCSVの学習
A 社会的課題解決事業の調査
B 建設分野で望まれるSBやCSV等社会的課題解決の活動や事業の整理
C SBおよびCSVのセミナー開催
D 建設大賞の実施
<組 織>
・本研究会は事業化推進部門直轄組織として辻田担当理事が所管します。
・本研究会は「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」と協働します。
<研究会メンバー>
研究会メンバーは下記の通りです。
・CNCP運営会議から:
山本代表、辻田理事、田中理事
・アワード(建設大賞)選定委員から:
田村選定委員
・ゼネコンから:
安藤ハザマ、熊谷組、鉄建建設、
西松建設、前田建設工業、奥村組
・アドバイザーとして:
武蔵大学 粉川先生、CNCP野村理事
<研究会の進め方>
・定例会は2〜3ヶ月に1回程度のペースで行っています。
・また、土木学会シビルNPO推進小委員会の「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」の活動に参加して参ります。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

スポーツボランティアについて考える

img868.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム サポーター
CSN理事 和久 昭正


先日(7/20)、日本大学法学部10号館で行われた「日本社会関係学会」に参加した。そこで扱われたテーマが表題の「スポーツ・ボランテイアについて考える」であった。
話題提供された講師は、大阪大学 山内直人教授、東北大学岡田彩准教授及び笹川スポーツ財団澁谷茂樹氏等である。一方、参加者もざっと見わたしたところ経済・経営学部の関係者が多かった。彼らは「社会関係学」という耳慣れない学問の専門家集団であった。
この「スポーツ・ボランティアについて考える」という話題は、もちろん東京オリンピック・パラピックに向けたボランテイアのありかたを見据えてのテーマ設定である。背景には、東京マラソンが市民ボランテイアの活躍によって運営され、成功している事例がある。この東京マラソンは、市民がトップランナーと一緒に走ることができる市民マラソンでもある。そこで議論されたテーマは、つぎの2点であった。
1)東京オリパラとボランテイアの役割(岡田彩 東北大学准教授,山内直人 大阪大学教授)
2)スポーツボランティアの現状と展望(笹川スポーツ財団 澁谷茂樹氏)

img869.jpg

1)は、短期間のボランティアである。このボランティアは定期的なボランティア活動ではなく、単発的な大きなイベントにおけるボランテイア活動である。アンケート結果では、このボランテイアの経験者は「またやりたい」と答えた人が80%を超えているとのことであった。
2)は、地域のスポーツイベントの運営と世話、日常的な団体・クラブの運営、スポーツの指導等である。私は、学生・社会人を通じてサッカー選手として活動した経験があったので、息子が小学生になった時点から地域のスポーツ少年団のサッカーチームを指導していた。そのため、2)について大いに関心をもって聴講した。
講演内容は、地域のスポーツボランテイアは「地域貢献の一環である」という趣旨のもとに議論が展開されていた。しかし、この点が私の考え方と異なっていた。そこでフロアーからの意見として次のような私の考えを述べた。
私は少年団の指導者をしていたが、“地域活動のボランテイア活動”という意識は少なく、“自分の持っているサッカーの技術を子供たちに伝えたい”という気持ちが強かった。すなわちノウハウの伝承である。極論すればその気持ち一点で、少年団の指導に当たっていた。ボールの蹴り方、トラップ、ドリブル、フェイント、タックル等の基本技術、そして攻撃の仕方や守り方等を子供たちに教えたい、そして良い選手を育てたいという気持ちが強かった。     雨の日や合宿では、左図に示す自作のテキスト「サッカーの戦術とルール」を使って講義を行った。
どんな競技でもスポーツの指導者は「子供たちを強くしたい」という気持ちは同じであると思う。これが結果的には地域活性化のためのボランテイア活動につながる。それでよいのではないかと思う。講師の澁谷氏も、意外な意見が出たとしてメモっておられた。なおこの学会は、現在、正式設立を目指して着々と準備を進めているとのことであった。 [以上] 
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

床版のことがよく分かる本を出しました

img861.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム法人正会員
NPO法人道路の安全性向上協議会専務理事(事務局長)吉川 良一


道路橋で、今、一番注目されているのは、鋼橋の床版である。
これまで、橋梁は、「長い」「高い」「新しい」が、技術の最先端であり、床版は単なる2方向のコンクリート板であって、教科書の計算式でも容易に設計できる。橋梁にとっては、死荷重であることから、その重量を減らす、即ち、床版厚を薄くすることが自然であった。しかし、道路橋の損傷の最も激しいのが、床版であり、平成26年1月に発表された我が国の高速道路の大規模更新計画3兆円(表―1)のうち、その6割が床版の取替等に充てられている。土工、トンネル、橋梁の橋脚、橋桁等に比べて、その額が抜きん出ている。
考えて見れば、冬に塩が撒かれるのは床版の上であり、重車両の荷重を直接受けるのも床版である。だが、これほど損傷し易い床版全般を対象にした書物は土木学会の床版マニュアル等を除いて殆んど見当たらない。そこで、当NPOの理事で、土木学会鋼構造委員会にて道路橋床版の小委員会委員長を2期8年に亘って務めてきた大田孝二が、これまでの知見を集約した書物を昨年の11月に出版した。(図―1)大きな反響があり、増刷が必要となったので、現在は全国の高速道路の床版取替の現場を見て廻っている。現場では、ループ継手内への鉄筋挿入方法、ループ継手に替わるエンドバンド工法、現場打設部を数センチとする橋軸方向へのプレストレス導入の床版など、実に種々の工夫がなされている。これらを取り纏めて、第2版を出す予定である。

img862.jpg
表―1 高速道路の大規模更新計画

img863.jpg
図―1 Bridge Slabs
(購入申込は、http://www.ersc-npo.jp より)
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 教育研修、広報等