2020年01月01日

千葉県の台風被害について考える

img904.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム
理事・事務局長
内藤 堅一


シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)の事務局長をしています。CNCP通信を編集している立場ですが、急遽今月のコラムを書くことになりました。
今回は千葉県の受けた台風の被害とその復旧について少し書いてみたいと思います。私は千葉県の北西部にある松戸市に住んでいますが、今回の台風の被害は全く受けませんでしたが、千葉県の南部は台風15号では強風による被害、台風21号では茂原市等が大雨による甚大な被害を受けました。
台風15号は9月9日(月)未明に千葉県に上陸しました。千葉県はそれまであまり台風の被害を受けていませんでしたが、15号では強風により市原市でゴルフ練習場のフェンスの鉄骨が民家側に倒れましたし、君津市の山間部では送電線の鉄塔が2基倒壊しました。これらはテレビでも報道されましたので、記憶に残っている方も多いと思います。強風で7万5千棟の住家に被害が出て、年末になっても屋根の修理の順番待ちでブルーシートがかけられたままの住宅が多いと報道されていました。電柱が多数倒れて、ピーク時には約93万5千戸が停電し、山武市では1カ月近く停電しました。大量の杉が倒木したのも、停電の要因に加えて、新たな課題を突き付けました。
台風15号での長期間の停電に対し、東京電力の復旧見込みの甘さを指摘する報道も多くありましたが、山間部で多くの樹木や電柱が倒れて、電線が切断されたことが原因で、被害の全体を把握できなかったことが復旧見込みの大幅なずれにつながったのだと思います。
この被害を見て、電線の地中化のことが、まず頭に浮かびました。CNCPの法人正会員の「電線のない街づくり支援ネットワーク」が電線の地中化を熱心に推進しています。その主張は、入会当時は京都の街並みから電線をなくして良い景観を確保しようということだったと思いますが、最近では大地震時の電柱の倒壊による家屋や人への防災の観点から推進を図っているように思われます。台風による山間部での電柱の倒壊は想定外で、活動の範疇の中にはないように思いますが、新たな課題として提起したいと思います。
電気の重要性は誰もが認識していると思います。市民生活も電気が来なければ照明だけでなく、水道も供給できなくなりました。スマホの充電場所ができたりしたことなどは、従来は見られなかった光景でした。
電線の地中化も市街地と山間部では当然異なってくると思います。CNCPも大災害時にNPOの力を発揮できるようにと設立されたと考えていまましたが、今回の台風被害に対しても直接的な支援は何もできませんでした。長期的な課題として今回の災害を踏まえて市街地と山間部の電線の地中化への提言が纏まれば良いと思います。
国土強靭化といった国土整備が、借金財政の中でも重要になっていくものと思います。CNCPがその一翼を担えるようになることを期待します。
以上
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 災害、危機管理等

上級ファシリテーター養成講座のフィールドワーク結果

協働推進部門 市民参画WG2 上級ファシリテーター養成講座受講者グループ


(1) 住民参加型ワークショップ構想検討の経緯
NPO法人シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)では、2016年11月国交省主管で立ち上げられたインフラメンテナンス国民会議の市民参画フォーラム活動に深く関与して来ている。いくつかの視点でのその活動の一つとして、協働コーディネート・ワーキンググループ(WG2)では市民参加活動の展開には、市民と、行政・関係組織・技術専門家等々とのワークショップが不可欠との基本的な考えを有している。そして、そのワークショップが有意となるためには、それを遂行するファシリテーターおよびコーディネーターの育成が不可決との前提で、初級、中級、上級と段階を分けてその分野の権威である元金沢大学大学院教授世古一穂氏を招き、昨年第一期研修会を開催してきた。
そのうちの上級クラスでは、昨年4月に座学を終えたあと、@住民参加チーム[メンバー数3名]、A技術提案チーム[5名]、およびB諸官庁協働チーム[3名]の3つのワーキンググループを結成し、世田谷区「用賀プロムナード“いらかみち”」のメンテナンスにおける住民協働をテーマに、以下手順で約3か月活動を展開した。
@ワークショップ構想検討
Aフィールドワークとワークショップ(1)
Bワーキング別取りまとめ結果に基づくワークショップ(2)
C市民参画フォーラムとしての意見交換会とその最終とりまとめ協議

(2) 用賀プロムナード“いらかみち”とは
1) 企画・設計・建設段階
下図に示すように、砧公園にできた世田谷区美術館が最寄りの駅から1キロメートル以上あり、住宅地の中を通るので道がわかりにくい。そこで歩行者を主体とした自動車共生プロムナードをつくって、多少長い道のりでも楽しく歩いてもらおうということになり、そのために「歩く、感じる、楽しむ、憩う」といったコンセプトで、自由に五感に訴える道づくりが行われた。
1kmのうち砧公園側は歩車道とも、用賀駅側は歩道のみが、淡路島産の瓦(いらか)材を用いたタイル舗装が施されている。その瓦路面には、ほぼ10メートルごとに百人一首の歌を彫った瓦を敷き詰め、日本のいにしえに心を遊ばせる道となっている。また、歩道のデザインには流れを取り入れ、エリアごとにと、みちのホール、みちのギャラリー、みちのサロン、並木みち、いらかブロックといったコンセプトを反映させている。

img901.jpg

img902.jpg

2) 運用〜現在の状況
・ 建設後34 年を経過しており、“いらかみち”とその関連施設も、いろいろなところで劣化が散見され出してきた。特に、コンクリートの橋などコンクリート+モルタルでの構築物は、モルタルにクラックが入り浮いているものもあり、早急な改修が必要と思われる。
・ 現在は、世田谷美術館には、駐車場も整備され、バスやタクシーも利用できるようになり、当時より歩行者も減少傾向になっている。建設時に意図した施設の活用はあまり見られなくなってきているが、樹木も成長しとくに並木みちは、いろはもみじのトンネルができ、新緑が眩しい景観となっていた。
・ 並木みちと環八が出会う場所では、マンドリンを弾く少女像があるが、可愛らしいネックレスが首に掛けられていた。また、丁度、休憩したくなる場所に市民緑地公園がある。
具体的には、下図のプロセスモデルに示すように段階ごとのテーマにそった協議と、それ関わるステークホルダーの様々な組み合わせで、何回ものワークショップが繰り替えされることになるが、それぞれの状況に応じたファシリテーターおよびコーディネーターが重要な役割を果たすことになり、受講生はそのプロセスを学ぶことになる。

(3) 住民参加よる社会的インパクト
用賀プロムナードの再生とメンテナンスの在り方の検討に当たり、現在の芸術的ともいえる用賀プロムナードの原型に沿ったリノベーションの必要性を、@企画建設した原点に返る、A新しい道づくりのイイメージをもとに大きく変える、という2つの「かえる」の是非を住民とともに共有したうえで、メンテナンスのあり方を住民参加で検討すべきであろう。決して経済優先の考え方にかたむかないことが必要だと考える。
‘みち’の規模の大小によってちがうが住民参加によって生まれた‘みち’は、そのメンテナンスにも住民が参加する可能性が高く、‘みち’とコミュニティが一体となることが期待できる。

img903.jpg
令和2年度のファシリテーター養成講座は、2月より始まります。年度計画をご参照ください。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 教育研修、広報等

上級ファシリテーター養成講座のフィールドワーク結果

協働推進部門 市民参画WG2 上級ファシリテーター養成講座受講者グループ


(1) 住民参加型ワークショップ構想検討の経緯
NPO法人シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)では、2016年11月国交省主管で立ち上げられたインフラメンテナンス国民会議の市民参画フォーラム活動に深く関与して来ている。いくつかの視点でのその活動の一つとして、協働コーディネート・ワーキンググループ(WG2)では市民参加活動の展開には、市民と、行政・関係組織・技術専門家等々とのワークショップが不可欠との基本的な考えを有している。そして、そのワークショップが有意となるためには、それを遂行するファシリテーターおよびコーディネーターの育成が不可決との前提で、初級、中級、上級と段階を分けてその分野の権威である元金沢大学大学院教授世古一穂氏を招き、昨年第一期研修会を開催してきた。
そのうちの上級クラスでは、昨年4月に座学を終えたあと、@住民参加チーム[メンバー数3名]、A技術提案チーム[5名]、およびB諸官庁協働チーム[3名]の3つのワーキンググループを結成し、世田谷区「用賀プロムナード“いらかみち”」のメンテナンスにおける住民協働をテーマに、以下手順で約3か月活動を展開した。
@ワークショップ構想検討
Aフィールドワークとワークショップ(1)
Bワーキング別取りまとめ結果に基づくワークショップ(2)
C市民参画フォーラムとしての意見交換会とその最終とりまとめ協議

(2) 用賀プロムナード“いらかみち”とは
1) 企画・設計・建設段階
下図に示すように、砧公園にできた世田谷区美術館が最寄りの駅から1キロメートル以上あり、住宅地の中を通るので道がわかりにくい。そこで歩行者を主体とした自動車共生プロムナードをつくって、多少長い道のりでも楽しく歩いてもらおうということになり、そのために「歩く、感じる、楽しむ、憩う」といったコンセプトで、自由に五感に訴える道づくりが行われた。
1kmのうち砧公園側は歩車道とも、用賀駅側は歩道のみが、淡路島産の瓦(いらか)材を用いたタイル舗装が施されている。その瓦路面には、ほぼ10メートルごとに百人一首の歌を彫った瓦を敷き詰め、日本のいにしえに心を遊ばせる道となっている。また、歩道のデザインには流れを取り入れ、エリアごとにと、みちのホール、みちのギャラリー、みちのサロン、並木みち、いらかブロックといったコンセプトを反映させている。

img901.jpg

img902.jpg

2) 運用〜現在の状況
・ 建設後34 年を経過しており、“いらかみち”とその関連施設も、いろいろなところで劣化が散見され出してきた。特に、コンクリートの橋などコンクリート+モルタルでの構築物は、モルタルにクラックが入り浮いているものもあり、早急な改修が必要と思われる。
・ 現在は、世田谷美術館には、駐車場も整備され、バスやタクシーも利用できるようになり、当時より歩行者も減少傾向になっている。建設時に意図した施設の活用はあまり見られなくなってきているが、樹木も成長しとくに並木みちは、いろはもみじのトンネルができ、新緑が眩しい景観となっていた。
・ 並木みちと環八が出会う場所では、マンドリンを弾く少女像があるが、可愛らしいネックレスが首に掛けられていた。また、丁度、休憩したくなる場所に市民緑地公園がある。
具体的には、下図のプロセスモデルに示すように段階ごとのテーマにそった協議と、それ関わるステークホルダーの様々な組み合わせで、何回ものワークショップが繰り替えされることになるが、それぞれの状況に応じたファシリテーターおよびコーディネーターが重要な役割を果たすことになり、受講生はそのプロセスを学ぶことになる。

(3) 住民参加よる社会的インパクト
用賀プロムナードの再生とメンテナンスの在り方の検討に当たり、現在の芸術的ともいえる用賀プロムナードの原型に沿ったリノベーションの必要性を、@企画建設した原点に返る、A新しい道づくりのイイメージをもとに大きく変える、という2つの「かえる」の是非を住民とともに共有したうえで、メンテナンスのあり方を住民参加で検討すべきであろう。決して経済優先の考え方にかたむかないことが必要だと考える。
‘みち’の規模の大小によってちがうが住民参加によって生まれた‘みち’は、そのメンテナンスにも住民が参加する可能性が高く、‘みち’とコミュニティが一体となることが期待できる。

img903.jpg
令和2年度のファシリテーター養成講座は、2月より始まります。年度計画をご参照ください。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | インフラメンテナンス