2018年09月01日

電線のない街づくり支援ネットワーク

現在、日本には3,600万本もの電柱があります。その電柱・電線を取り除き、安全・安心で美しい景観の街づくりを実施したいと思っている、すべての機関(不動産・デベロッパー・行政等)を技術面・ノウハウ面で支援しているのが当NPO法人です。当NPOは、設立から11年目を迎える無電柱化の推進を専門に活動する国内唯一の団体です。現在、大阪・東京・沖縄・北海道・中部に事務所を設け、各地で行政支援やシンポジウム、会員向けの勉強会を開いています。
「無電柱化」は、まだ一般にはよく知られていないのが現状です。2016年12月に無電柱化の推進に関する法律が施行され、11月10日を「無電柱化の日」と定めています。今年3月には、国土交通省より無電柱化推進計画が発表されました。ロンドンやパリなど、欧米の諸都市では、無電柱化率100%で、電柱はありません。最近では、アジアの諸都市でも無電柱化を急速に進めています。
このような現状や、「景観・観光」「安全・快適」「防災・減災」で無電柱化の必要性をより多くの人に知っていただくため、様々な広報活動や支援活動を行っています。無電柱化推進シンポジウムを各地で開催したり(2017年に東京・大阪・沖縄・札幌。2018年に名古屋)、小学校や大学での要請を受けて、無電柱化出前授業・出前講義をしたり、行政や商店街の要請を受けて、無電柱化勉強会をしたり、無電柱化された街並みを歩く街並み見学ツアーを実施したりしています。また、テレビ局の報道番組や情報番組への出演依頼や新聞社の取材に応じて、マスコミを通じての啓発も行っています。
当法人では、インターンシップやボランティアの学生を積極的に受け入れ、業務の一翼を担ってもらっています。彼らには、当NPOが主催するイベントの広報活動や、会員企業・個人会員様向けの広報誌を編集したり、メールマガジンの発行を依頼しています。ホームページの更新もその一つです(現在、ホームページをリニューアル中 https://nponpc.net/
また、直近のイベントとして、10月3日(水)に金沢市アートホールにて、無電柱化まちづくりシンポジウムを開催します。北陸地方は、全国の無電柱化のモデルとされる金沢市をはじめ、新潟県見附市の全国で初めての小型ボックスの採用、一方、福井県では、新幹線開通を目的に無電柱化が求められる駅前、中心部の再生・リニューアルが進められつつあります。このような状況のもと、今後の更なる無電柱化の推進を期待しての開催です。
技術分野では、国土交通省道路局の道デザイン研究会無電柱化推進部会に井上事務局長が参画し、民間ワーキンググループの主査として、民間発の低コスト手法の開発に取り組んでいます。現在も広く低コスト手法を募集しており、来春には、それらを精査・取りまとめし、「低コスト手法の手引き」として公表される予定です。
無電柱化によって電線・電柱のない安全で美しいまちづくりの推進にご賛同いただける個人・企業・団体は、当NPOまで入会・お問い合わせ下さい。

img249.jpg

連絡先:NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク
大阪府吹田市内本町1丁目1番21号
 TEL:06-6381-4000(担当:塚田)
入会ご希望の方は、info@nponpc.net へメールでお問い合わせ下さい
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 会員紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: