2019年06月11日

「CNCP通信」発刊5年間の記事を総括して

正会員、企画サービス部門CNCP通信担当 有岡 正樹


2014年3月にシビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)が設立されて、早いもので本年4月で丸5年の月日が流れた。この間Vol.39、Vol.51でそれぞれの当時の状況を報告してきた。こうしたコミュニティ紙は時の流れとともにその内容や記載分野の変容も生じてくるので、これまでの60号を総括して若干の分析を加え、今後とも積みあがっていく折々の情報が有用に反映されればと整理してみた。

1.投稿分野の変革
 本年1月より、CNCPホームページや会員用アーカイブ検索システムのもとになる新項目とそのキーワード(タグ)を右表のように追加、変更した。ただし、それまでの投稿原稿ごとの再配分は行っていない。
2.投稿数と項目別仕分け
 これまで60回の投稿総数は424編で、月当たり平均投稿数は7編である。ただ、前半の40回では月平均6編であるのが、後半の20回では平均9.5編と1.6倍に増えている。

img789.jpg

3.項目ごとの原稿内容分布
 下表のようにa.〜i.の9項目に分けられるが、このうち「g.シビルNPO の現況と課題」と「e.地域社会等」の2項目で44%を占めている。項目仕分けした投稿文の累計は545編で、ある項目に仕分けされた投稿文が、他の項目でもカウントされることが、4件に1件はあるということになる。このようにしてアーカイブ化された投稿文のpdfバージョン(例えばインフラメンテでは61編)がまとめて検索、アウトプットできるようになっている。

img790.jpg
タグ:歴史 地理 人文
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 人文等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: