2019年07月09日

土木と市民社会をつなぐ活動

img819.jpg
CNCP 常務理事/土木学会連携部門長
土木学会/教育企画・人材育成委員会/シビルNPO推進小委員会 委員長
メトロ設計梶@技術顧問
田中 努


「土木と市民社会をつなぐ」活動は、CNCP全体の基本テーマですが、土木学会も同様の課題認識を持っているので、「土木学会連携部門」が先頭に立ち、他の部門と連携して進めています。
以下に、今、取り組んでいる2つの活動を紹介します。

■「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」の設立
「土木」の仕事は、道路・鉄道・上下水道・電気等の社会インフラの整備・維持・更新と防災・減災ですから、「土木」は「市民社会」に不可欠で、「土木」と関わらないで生きる市民はいません。しかし、「土木」は、同時に次のような問題も抱えています。
●問題1:「土木」は、同じように市民生活と密接な農業や漁業と違って、一部の自然環境や住環境を破壊しながら、全体最適を目指しています。したがって、犠牲を強いられる市民と利害関係のある市民に理解していただくことが必要です。

●問題2:近年の、人口の減少・税収の減少・インフラの老朽化・地震の活発化・豪雨の増強化等の問題山積の前では、「土木」が従来と同等の利便性や快適さ、安全や安心を維持するのは難しくなるので、市民に我慢してもらう必要があります。税負担と優先順位、不便さやリスクとどういうバランスで暮らしていくかを考えて貰う必要があります。

●問題3:「土木」の世界で働きたいと思う学生の減少があります。農業や漁業もなり手が居ませんが、インフラ施設や防災施設は輸入できません。ロボットや外国人の協力を得ても、国や地域の目指すべき将来像を構想し、具体化の計画をし、マネジメントするしっかりした技術者が必要です。
だから、「土木界」に居る産官学民と「市民社会」とが、互いの情報を共有し、共に考え、共に最適解を生み出していくことが望まれますが、CNCP通信59号に書いたような「溝」があります。
「土木と市民社会をつなぐ活動」は、土木学会では「土木広報アクションプラン『伝える』から『伝わる』へ【最終報告書】2013年7 月31 日(インターネットでダウンロード可能)」をまとめ、「土木広報センター」を設立して精力的な活動を展開しています。国・自治体・インフラ事業者・大学・企業・協会・NPO等の市民団体による様々な取り組みも、多数行われています。
それでも上記の問題1〜3が残り続けているので、志を同じくする仲間が集まって、連携・協働を一層し易くし、「市民社会」への発信力を増強させる「フォーラム」という「場」を作ります。
私たちと土木学会の小委員会が、1年間準備して、この7月に「土木と市民社会をつなぐフォーラム設立準備会」を発足させます。今後、活動状況を、CNCP通信とホームページで紹介していきますので、皆さんも、どうぞ、フォーラムにご参加ください。

■「CNCPボランティアガイド」として土木学会の「つなぐ活動」を支援
土木学会の土木広報センターでは、市民向けに下記の2つのイベントを行っています。ここではいろいろな展示物をいくつかの委員会が担当していますが、《特別企画展 1964東京オリンピック》というコーナーの説明をCNCPに要請されました。
CNCPでは、このような活動は、シニアのシビルNPOに向いていると思いますので、「土木と市民社会をつなぐ活動」の1つとして、「CNCPボランティアガイド」という支援活動に取り組もうと考えています。例えば、次のような「講師・ガイド」があると思います。
・イベント会場で用意されたパネル・模型・動画・簡単な実験などの説明等
・大学・学校の教室や講演会場での講演・WSの支援等
・社会資本施設・建設現場・災害現場・土木遺産などでの解説等
さらに、CNCP自身が取り組むイベントの他、CNCPの会員、および社会のシビルNPO・企業・土木学会等の団体・組織が「土木と市民社会をつなぐ活動」を行う際、シビル系(建設系)の技術者を必要とした場合に支援することも、次のステップとして考えています。
なお、NPOはボランティアではありませんが、イベントの性格と予算・収益の具合によって、報酬の多寡は様々と思います。
CNCPの会員とサポーターの皆さま、一緒に「ボランティアガイド」をして見ませんか? 一人でも多くの方のご参加をお願いします。お問い合わせは、CNCP事務局まで。


●オープンキャンパス土木学会2019
日時:2019/7/6(土)10:30〜16:00
場所:公益社団法人 土木学会 ●土木コレクション2019
日時:2019/11/14(木)〜17(日)8〜21時
場所:新宿駅西口広場イベントコーナー

img820.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | シビルNPOの現況と課題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: