2019年12月01日

高齢化社会の住みやすさを求める会(CCRC)の取組み

img899.jpg
特定非営利活動法人建設技術監査センター 代表理事
成岡建築設計・技術士事務所 所長 
成岡 茂


団塊の世代が75歳を迎える5年後には、首都圏で大量に高齢者難民が発生すると言われている。そこでCNCPの事業部門に「南房総CCRC研究会」を立ち上げた。今年はその研究会の3年目を迎えている。今年度は過去2年間の研究成果を如何に実践の取組みに結び付けるかが課題だ。
南房総に着目したのは首都圏で土地も安く豊かな自然に恵まれた地に元気な高齢者が「生涯活躍できるまち」で老齢期を、生きがいを持って過ごせる場として考えた。南房総CCRCはオリジナルの「生涯活躍のまち」構想の日本版CCRC「Council on Comfortable & Recreative Community」の意味から、当会では、Countryside & City Reconstruct Community」と翻訳し、地域と都市のコミュニティの再構築と位置付けた。
当初は、廃業したゴルフ場の再生としてここに関連施設を建築しゴルフなどを楽しみながら過ごすといったイメージを描いたが、千葉のゴルフ場は意外と健在でそのよう場所は見つからなかった。そこで、バブル期にリゾー住宅地として開発された御宿や勝浦のリゾート住宅地を訪れ現状を視察した。これらは超郊外別荘型住宅地と考えられ、二地域居住や定住地として居住している高齢者もおられる。東急リゾート勝浦(1990年東急不動産滑J発分譲地、720戸200ha、ゴルフ場が隣接)、ミレーニア勝浦(1992年三井不動産滑J発分譲地、939区画105ha)、御宿台グリーンタウン(1988年西武不動産滑J発分譲地、1,500区画167ha)、大原西部グリーンタウン(1981年西武不動産滑J発分譲地、937区画227ha、ゴルフ場隣接)がある。この他に視察したのは、季美の森(1994年東急不動産梶E潟Gルカクエイが開発分譲、1855区画約200ha、ゴルフ場併設)の住宅地だ。ここは東金市と大網白里市にまたがっている。都市型団地で千葉市や都内への高速バスも運行している。
一般に南房総というと地元では、館山市、南房総市、勝浦市のエリアを指すが、当会の認識としては広く房総半島全域を視野に入れている。
今回の台風15号、19号、21号で強風による長期停電、水害など房総半島は未曽有の災害に見舞われた。しかし、先日、会のメンバーによる南房総一泊二日の視察で分かったことは、この地域は海の幸山の幸に恵まれた温暖で豊かな地域だということだ。南房総市では2地域居住や観光などで何らかの形で地域と交流した人を「関係人口」ととらえ地域の活性化の呼び水として期待を寄せている。
今後、これらの取組みをベースに高齢化社会の住みやすさを求める会「Council on Comfortable & Recreative Community」は地域との連携のもと地域の活性化と高齢者が快適に暮らせる街を目指したい。    以上

img900.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

土木広報の展開 -土木広報大賞2019から

img891.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム理事
(公益社団法人土木学会専務理事)  塚田 幸広


土木学会では、日本全国の各地域で展開されている様々な広報のうち、暮らしを支えている土木の役割・意義・魅力について広報を行っている活動または作品などで他団体の模範となるもの、他団体への展開が期待されるものなどを取り上げ、顕彰することを目的として「土木広報大賞」を創設し、展開している。
第2回となる今回は、日本全国から122件の応募が寄せられ、選考委員会(委員長:田中里沙 事業構想大学院大学 学長)による厳正な選考を経て、最優秀賞1件、優秀部門賞6件、準優秀部門賞10件の合計17件を選出した(下表参照)。最優秀賞は、東京都下水道局の“東京地下ラボ(若者向け東京下水道発信事業)”が受賞した。

今回の受賞の中から、「土木と市民社会をつなぐ」の色合いが濃い(あくまで個人的モノサシ)と考えられる2つの活動を以下に紹介する。
(1)春吉橋「賑わい空間」の試行イベント
国土交通省九州地方整備局福岡国道事務所では、一般国道202号線「春吉橋架替事業」の国道本線の切替えに先立ち、地域等への事業に対する理解の促進を図ることとあわせ、迂回路橋を将来の賑わい創出空間として活用したイベントを実施した。実行委員会は福岡国道事務所、福岡市のほか、地元の自治会等(中洲町連合会、春吉・冷泉校区自 治協議会)を巻き込み構成している。約1ヶ月と短い準備期間であったものの、実行委員会と連携し広報活動を幅広く展開したことや、隣接する企業との連携、各媒体を駆使した広報活動を実施したことで、予想を上回る約14万人もの多くの市民の入場があった(写真-1参照)。また、アンケートの結果からは、イベント前まで架替事業を「知らなかった」約7割の市民に対して認知度を高めることができ、さらに、賑わいイベントへのリピート意向・満足度については、約8割が満足し、「また来たい」と回答している。身の丈で地域市民を巻き込んだ「賑わい空間の創出」の好事例といえる。

img892.jpg

img893.jpg

(2)「大人の社会科見学 江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり〜シビルエンジニアから聞く川にまつわる話〜」および関連セミナー(写真-2参照)
褐嚼ン技術研究所の国土文化研究所では、東京都中央区のNPO法人などと連携し、東京都心の中小河川をめぐるクルーズ「お江戸日本橋舟めぐり」を2009年より継続的に実施し、年間200便前後運航している。このクルーズでは、専属のガイドが主に水辺を中心とする江戸・東京のまちの発展の歴史などを案内している。体験後のアンケートの結果からは、案内内容やコース全体等の満足度は、「非常に満足」、「満足」が大半を占め、ほとんどの方がまた機会があれば参加したいと回答している。また、自由回答からも、普段なかなか目にすることのない川からの視点で、その役割・機能が必ずしも十分に理解されていない堤防、護岸、水門、排水機場、橋梁などの土木構造物について、実際に目の前で見ながら専門家からの解説を聞くことで、改めて「都市にはどのようなインフラがあるか」、「そのインフラが災害対策、環境保全、利便性向上などにどのように貢献しているのか」、「インフラがその機能を確実に果たすためには市民の正しい理解がいかに大切か」を知ったとの回答を得ている。すなわち、市民に対して土木の役割を考えていただくきっかけに直接つながる好事例である。

img894.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等

2019年11月01日

土木と市民社会をつなぐ活動

CNCP 常務理事 土木学会連携部門長 田中 努


「土木学会連携部門」では、土木学会のシビルNPO推進小委員会と協働で、「土木と市民社会をつなぐ活動」をしています。
現在は、@「土木と市民社会をつなぐフォーラム」の設立準備と、A土木学会の「土木コレクション」のボランティアガイドの呼びかけと組織化の2つに取り組んでいます。

■土木と市民社会をつなぐフォーラム
「土木と市民社会をつなぐフォーラム」については、CNCP通信のVol.55、59、63に書きましたが、その後の進展をご紹介します。
現在は、冒頭の小委員会の他の土木学会委員会とCNCPの賛同者と共に、「土木と市民社会をつなぐフォーラム準備会」を設立して、活動をしています。
シビルNPO推進小委員会の外から加わった方たちは、皆、既に「土木と市民社会をつなぐ活動」を実践されている方たちですが、皆、それぞれ自分たちの活動を展開する先に、市民や子供が居たという状態なので、自ら「土木と市民社会をつなごう」と考えていた訳ではありません。そのため、この「フォーラムがめざす姿(つながった結果、どうなれば良いのか)」についての認識は、共有されていませんでした。
そこで、準備会を立ち上げた7月のキックオフは「ワールドカフェ方式」のWSで、@土木と市民社会の間に溝がある事例とA溝が無い事例をあげて、意見交換をしました。

その結果、次のような「フォーラムがめざす姿」にまとまりました。
◎市民が土木の全体を(事業も人も、良いところも悪いところも)概ね正しく理解し、様々なことに、市民が自分の意見を言えて、それらがある程度、インフラ整備(維持・更新)や防災・環境整備等の事業に反映されていく状態。
◎さらに、土木のファンがいて、楽しんだり、自ら土木に関係する仕事に就く人が居る状態。
「土木と市民社会をつなぐ」という活動は、わが国の土木界の全ての組織・人(国・自治体・大学・企業・NPO・市民組織・個人等々)と全ての国民をつなぐことを考えているので、このような広い言い方になります。
しかし、フォーラムの仲間になってくれる人に説明し共感してもらうために、もう少しブレイクダウン&具体化した説明も必要と考えています。例えば、
【イメージ】「土木」への誤解や「知らない」がなく、概ね正しくイメージされている。
【インフラ】インフラの見学会やメンテ活動に参加したり、インフラの計画や設計に関する市民の意思決定の場に参画している。
【防災】地域の避難計画やヒヤリマップの作成、災害復旧を通じた土木施設やまちづくりへの関心・理解が高まっている。
【コミュニケーション】土木界の技術者個人が、周囲の市民・子供に、土木事業の事実を分かり易く、また土木界で働く想いなどを、伝わるように話し、市民の興味や疑問、誤解の実態を理解している。
【観光や趣味の対象】インフラツーリズムや、ダムマニアやマンホーラーなどの活動に、土木界の人が参画し、質的・量的に拡大している。
【土木教育】土木学会の長年の働きかけで、学習指導要領に「防災」が加わり、教科書に土木の関わりが記述されるようになったが、これを機に、記述範囲が拡大し、子供たちの土木に対する認識が変わってきている。
【土木界への就労】大学に「土木工学科」が復活しなくても良いが、「土木工学」を学ぶ学生が増え、土木界や関連する仕事に就こうとする若者が増えている。
「フォーラム」では、こんな社会をめざそうと考えています。次のステップでは、「それでは、フォーラムでは何をするのが良いか」を整理すること、その次はそれを実行することです。
CNCPに参画されている皆さま、一緒に活動しませんか?

■「土木コレクション」のボランティアガイド
「土木コレクション」については、CNCP通信のVol.60に書きました。
来週の11/14(木)〜17(日)の8〜21時に、新宿駅西口広場イベントコーナーで開催されます。昨年まで、広場を東京都の建設局と半々で使用しましたが、今年は、全域、土木学会の「土木コレクション」です。したがって、「土木」の分かる説明を必要とし、CNCPに協力を依頼されました。
CNCPでは、先のCNCP通信Vol.60とメールで協力を呼びかけましたが、残念ながらどなたからも応募や問い合わせがありませんでした。そこで、個人的な伝を使って、JR東と首都高と都立大のOB会と前職の会社と土木学会の委員会の仲間が少し、協力してくれることになりました。
「土木と市民社会をつなぐ」は、土木界にとっても市民にとっても重要な活動だと思います。そして、労働人口が減って世界一の高齢社会になった今、「土木と市民社会をつなぐ活動」を現役に期待して見守るのではなく、土木関係のOB・OGが、自ら可能な範囲で支援をすべきではないでしょうか。しかし、暇なシニアでも出来ることは限られています。本業を持つ人は割ける時間が限られています。だから、「みんなで・寄って集って・少しずつ」です。
例えば、この「土木コレクション」。朝8時から夜9時まで4日間もあります。とても1人では無理ですが、1人が3時間だけなら出来ますよね。17人集まればOKです。地域で活動している多くのNPOの仕事も似ていると思います。

img881.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 地域社会等