2020年03月01日

土木と市民社会をつなぐ活動

img819.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム常務理事 土木学会連携部門長
土木学会 教育企画・人材育成委員会 シビルNPO推進小委員会 委員長
メトロ設計梶@技術顧問
田中 努


「土木学会連携部門」では、土木学会のシビルNPO推進小委員会と一体になって、「土木と市民社会をつなぐ」の具体化をめざし、■土木と市民社会をつなぐフォーラムの設立準備と、■Facebookで同様の活動をしている人たちとつながる試みに取り組んでいます。

■土木と市民社会をつなぐフォーラム
「土木と市民社会をつなぐフォーラム」については、CNCP通信のVol.55、59、63、67に書きましたが、その後の進展をご紹介します。
私たちは「フォーラムがめざす姿」を次の枠内のようにまとめました。「土木と市民社会をつなぐ」という活動は、わが国の土木界の全ての組織・人(国・自治体・大学・企業・NPO・市民組織・個人等々)と全ての国民をつなぐことを考えているので、このような広い言い方になります。

=============================
◎市民が土木の全体を(事業も人も、良いところも悪いところも)概ね正しく理解し、様々なことに、市民が自分の意見を言えて、それらがある程度、インフラ整備(維持・更新)や防災・環境整備等の事業に反映されていく状態。
◎さらに、土木のファンがいて、楽しんだり、自ら土木に関係する仕事に就く人が居る状態。
=============================


私たちは、次に、この姿の具体事例と、この姿を実現させるために何をすべきかを考え、検討を重ねています。
【めざす姿の具体例】
フォーラムの仲間になってくれる人に説明し共感してもらうために、めざす姿の具体を例示します。例えば、@土木のイメージ(誤解や「知らない」がない)、Aインフラの認識、整備・維持への関わり、B防災への関心・理解、C土木技術者個人とのコミュニケーション、Dインフラツーリズムやダムマニアなどと土木界の人の関わり、E教育を通じた子供たちの土木に対する認識、F土木を学ぶ学生・土木関連の仕事に就く若者・・など。
【実現させるためにすべきこと】
@[つなぐ活動のDB&HP]:つなぐ活動のDBとHPのプロトタイプを作成し、使いながら、ブラッシュアップとコンテンツ(事例と参加メンバー)の増加を図る。
A「優れた活動の抽出と広報」:「つなぐ活動」の優れた部分として、何を仲間に紹介するかを検討しつつ、まずは、準備会に参加している土木学会の「土木広報大賞」とCNCPの「建設大賞(CNCPアワード)」の着目点の位置づけや両者の連携・協働の在り方などを検討する。
B「Q&A」:市民の生の疑問・質問を集める。まずは、個人の頑張りに依存せずに、システマチックに継続的に集める方法の検討。集まった質問とそれに対する回答は、CNCP通信のQ&Aに掲載し、併せてフォーラムのHPに掲載する。
C「TV会議の試行」:全国にフォーラムの仲間ができても、いつも四谷に来てもらうのは困難なため、土木学会の機器を利用して、普通に使えるTV会議・Web会議のスキルと環境を整える。
D「土木インタープリターの養成」:国立公園のネーチャーセンターにいる「インタープリター」の土木版を作る。まず「土木インタープリター」の要件(必要な知識・スキル・マインド等)を明らかにし、力量評価と養成講座を企画する。CNCPの協働推進部門で実施している「ファシリテーター養成講座」と連携させたい。

■Facebookで仲間たちとつながる試み
土木の分野に限りませんが、SNSを通じて自分たちの活動をリアルタイムに発信している組織/グループ/個人が世の中にたくさんいます。私たちは、昨年立ち上げた「シビルNPO推進小委員会Facebookページ」等を使い、「これは土木と市民社会をつないでいる!」と思われる活動を、フォロワー(「土木と市民社会をつなぐこと」に関心をもっている皆さん)へ紹介しています。また、コメント欄を通じた意見交換や、SNSで知ったイベントへの参加等を通じて、「土木と市民社会をつなぐ」という同じ志をもつ仲間とのつながりを少しずつ広げていこうとしています。読者の皆さんもぜひ、シビルNPO推進小委員会Facebookページをフォローし、このつながりに加わってください! 
シビルNPO推進小委員会Facebookページ
https://www.facebook.com/jsce.civil.npo/

img938.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 教育研修、広報等

2020年02月01日

第1回 シリーズ開始にあたって

img835.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 常務理事 土木学会連携部門長
土木学会 教育企画・人材育成委員会 シビルNPO推進小委員会 委員長
メトロ設計梶@技術顧問
田中 努


CNCP通信Vol.57〜69の12回に亘って掲載された「土木と市民社会をつなぐ」シリーズに続き、新たに「身近な土木遺産」シリーズを始めます。

1.「土木遺産」と言うと・・
「土木遺産」と言うと、厳密には、土木学会が推奨した「歴史的土木建造物」を指します。土木学会は、平成12年度に「選奨土木遺産の認定制度」を創設し、昨年度までの19年間に、計394件(年平均20件)を選奨しています。
土木学会は、この顕彰の結果として、@社会へのアピール(土木遺産の文化的価値の評価、社会への理解等)、A土木技術者へのアピール(先輩技術者の仕事への敬意、将来の文化財創出への認識と責任の自覚等の喚起)、Bまちづくりへの活用(土木遺産は、地域の自然や歴史・文化を中心とした地域資産の核となるものであるとの認識の喚起)、C失われるおそれのある土木遺産の救済(貴重な土木遺産の保護)などが促されることを期待しています。
ただし、公的機関や学協会による文化財などの指定を既に受けていないことを原則とするとされているので、著名なものは「土木遺産」にならないとも言えそうです。

2.土木と市民社会のつながり
CNCPと土木学会は、「土木と市民社会をつなぐ活動」の質と量を拡充するために、いろいろな検討をしています。
端的には、土木の話を土木関係者とだけしていても、市民とはつながらないので、市民と話す「場」が必要です。土木学会の「土木広報センター」では、インフラ整備・土木史等の話や映像を、土木コレクション・土木カフェなどのイベントやFacebook・ラジオなどで発信しています。
CNCPと土木学会のシビルNPO推進小委員会では、土木と市民社会をつなぐ活動をしている様々な人たちと「友だちの輪」を作ろうとしています。市民が土木に興味を持った時に容易に知りたい情報が得られる「場」、土木からの勝手なPRでなく、市民のQuestionに正しいAnswerを提供する「場」をつくるとか、土木を知らない市民だけでまちづくりや防災の話をする集まりに土木技術者が参画するとか、自然公園のネイチャーセンターにいる「インタープリター」みたいな「土木インタープリター」を養成する・・など。
一方、Facebookを見ていると、土木の好きな市民が沢山います。ダム・橋・トンネル・マンホールなど、同好の集いができていて、自分で撮ってきた写真を披露し合っています。またインフラツーリズム。関東エリアだけでも、首都圏外郭放水路・環七地下調整池・東京湾アクアライン裏側探検等々が人気。悪名高き八ッ場ダムでさえ(笑)。
このシリーズでは、土木が好きな人たちや、土木と意識せずに興味を持って関わっている人たちと、つながりたいと思います。

3.「身近な土木遺産」を紹介
学術的な土木遺産の価値については、土木学会等に譲って、市民の身近にある土木施設、隠れた土木をピックアップ出来たら、面白いと考えています。「子供の時遊んでいた所が・・、毎日通学や通勤で見ていたあれが・・、そうなの!?」みたいな。
さらに、土木は、大昔から、地域の生活に密着しているので、施設だけではないと思います。東日本大震災の後、あちこちで「ここまで津波が来た」という「碑」が再認識されましたし、地域の不文律になっている防災関連のルールや言い伝えなども、取り上げられたら良いと思います。土木のソフト面・マネジメント面も、「身近な土木遺産」では?と思います。
地域で、この趣旨に近い活動をしている団体(市民・学校・自治体等なんでも)や郷土史を研究している団体などとつながって、紹介記事を書いて貰えたら・・とも考えています。

4.例えば、こんな土木遺産が
1)野火止用水@A
私の住まいの近くに「平林寺」があり、その南北両側に「野火止用水」が流れています。多くの場所で写真のような緑道になっていて、気持ちの良い散策路になっています。水と木々は、安らぎの必須アイテムですね。

img911.jpg

「野火止用水」は、1655(承応4)年、川越藩主松平伊豆守信綱により、武蔵野開発の一環として開削された用水路で、玉川上水から、野火止台地を経て、荒川支流の新河岸川までの全長24kmに及びます。玉川上水と野火止用水の分水割合は「七分は江戸へ通じ、三分は信綱へ賜はり、領内へそゝげり(新編武蔵風土記)」と言われ、開拓民や移転してきた平林寺、陣屋等の貴重な飲料水・生活水として使われていました。
2)川越街道B
休日に車で出かけると、大抵「川越街道(国道254)」を通ります。家から川越に向かうと、新座市中野一丁目から入間郡三芳町藤久保まで、大きなけやき並木を挟む昔の街道を思わせる素敵な区間があります。並木の両端には立派な石碑(写真)があります。
「川越街道」は、太田道灌が川越城と江戸城を築いたころ、二つの城を結ぶ重要な役割を果たした道で、江戸時代には中山道板橋宿平尾の追分で分かれる脇往還として栄えたと言われます。日本橋から川越城下まで、栗(九里)より(四里)うまい十三里と唱われ、「川越いも」の宣伝にも一役かったそうです。

img912.jpg

■参考文献
@野火止用水〜多摩川の水を野火止台地、さらに荒川右岸まで〜(パンフレット)、国土交通省荒川上流河川事務所
A野火止用水・平林寺の文化的景観保存計画、平成24年3月、埼玉県新座市
Bhttps://www.jinriki.info/kaidolist/ about jinriki/、旧街道ウォーキング「人力」
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 教育研修、広報等

2020年01月01日

上級ファシリテーター養成講座のフィールドワーク結果

協働推進部門 市民参画WG2 上級ファシリテーター養成講座受講者グループ


(1) 住民参加型ワークショップ構想検討の経緯
NPO法人シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)では、2016年11月国交省主管で立ち上げられたインフラメンテナンス国民会議の市民参画フォーラム活動に深く関与して来ている。いくつかの視点でのその活動の一つとして、協働コーディネート・ワーキンググループ(WG2)では市民参加活動の展開には、市民と、行政・関係組織・技術専門家等々とのワークショップが不可欠との基本的な考えを有している。そして、そのワークショップが有意となるためには、それを遂行するファシリテーターおよびコーディネーターの育成が不可決との前提で、初級、中級、上級と段階を分けてその分野の権威である元金沢大学大学院教授世古一穂氏を招き、昨年第一期研修会を開催してきた。
そのうちの上級クラスでは、昨年4月に座学を終えたあと、@住民参加チーム[メンバー数3名]、A技術提案チーム[5名]、およびB諸官庁協働チーム[3名]の3つのワーキンググループを結成し、世田谷区「用賀プロムナード“いらかみち”」のメンテナンスにおける住民協働をテーマに、以下手順で約3か月活動を展開した。
@ワークショップ構想検討
Aフィールドワークとワークショップ(1)
Bワーキング別取りまとめ結果に基づくワークショップ(2)
C市民参画フォーラムとしての意見交換会とその最終とりまとめ協議

(2) 用賀プロムナード“いらかみち”とは
1) 企画・設計・建設段階
下図に示すように、砧公園にできた世田谷区美術館が最寄りの駅から1キロメートル以上あり、住宅地の中を通るので道がわかりにくい。そこで歩行者を主体とした自動車共生プロムナードをつくって、多少長い道のりでも楽しく歩いてもらおうということになり、そのために「歩く、感じる、楽しむ、憩う」といったコンセプトで、自由に五感に訴える道づくりが行われた。
1kmのうち砧公園側は歩車道とも、用賀駅側は歩道のみが、淡路島産の瓦(いらか)材を用いたタイル舗装が施されている。その瓦路面には、ほぼ10メートルごとに百人一首の歌を彫った瓦を敷き詰め、日本のいにしえに心を遊ばせる道となっている。また、歩道のデザインには流れを取り入れ、エリアごとにと、みちのホール、みちのギャラリー、みちのサロン、並木みち、いらかブロックといったコンセプトを反映させている。

img901.jpg

img902.jpg

2) 運用〜現在の状況
・ 建設後34 年を経過しており、“いらかみち”とその関連施設も、いろいろなところで劣化が散見され出してきた。特に、コンクリートの橋などコンクリート+モルタルでの構築物は、モルタルにクラックが入り浮いているものもあり、早急な改修が必要と思われる。
・ 現在は、世田谷美術館には、駐車場も整備され、バスやタクシーも利用できるようになり、当時より歩行者も減少傾向になっている。建設時に意図した施設の活用はあまり見られなくなってきているが、樹木も成長しとくに並木みちは、いろはもみじのトンネルができ、新緑が眩しい景観となっていた。
・ 並木みちと環八が出会う場所では、マンドリンを弾く少女像があるが、可愛らしいネックレスが首に掛けられていた。また、丁度、休憩したくなる場所に市民緑地公園がある。
具体的には、下図のプロセスモデルに示すように段階ごとのテーマにそった協議と、それ関わるステークホルダーの様々な組み合わせで、何回ものワークショップが繰り替えされることになるが、それぞれの状況に応じたファシリテーターおよびコーディネーターが重要な役割を果たすことになり、受講生はそのプロセスを学ぶことになる。

(3) 住民参加よる社会的インパクト
用賀プロムナードの再生とメンテナンスの在り方の検討に当たり、現在の芸術的ともいえる用賀プロムナードの原型に沿ったリノベーションの必要性を、@企画建設した原点に返る、A新しい道づくりのイイメージをもとに大きく変える、という2つの「かえる」の是非を住民とともに共有したうえで、メンテナンスのあり方を住民参加で検討すべきであろう。決して経済優先の考え方にかたむかないことが必要だと考える。
‘みち’の規模の大小によってちがうが住民参加によって生まれた‘みち’は、そのメンテナンスにも住民が参加する可能性が高く、‘みち’とコミュニティが一体となることが期待できる。

img903.jpg
令和2年度のファシリテーター養成講座は、2月より始まります。年度計画をご参照ください。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 教育研修、広報等