2019年04月01日

建設系NPOへの追い風

img750.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 法人正会員
NPO法人道普請人 理事 福林 良典


筆者が感じる建設系NPOへの追い風について、2018年度の活動を振り返りつつ紹介してみたい。
私たちは「自分たちの道は自分たちで直す」という意識を広め世界の貧困削減に貢献しようと、アジア、太平洋州、アフリカで住民らと道路の整備を行っている。整備対象とする道路は幹線道路から枝分かれした、小規模で利用者も少ないが、地元の人々にとっては生活を支える道である。通行性が改善することに加え、自分たちで生活環境をよくした経験が自信となり、積極的な行動を起こせるようになる。現在、世界は「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、産官学が各々の専門や得意分野で取り組んでいる。誰も取り残さない、という取り組みが主流化されている。
2018年には新規に2か国で活動を行った。マダガスカルでは、小学校建設プロジェクトの一環で、通学路を小学校の教員や生徒の保護者らが集まり直すことになった。限られた整備距離ではあったが、人々は子供たちの教育のためにと積極的に参加した。ODA事業で学校建設の設計と施工監理を行う、日本の建築設計事務所との連携であった。
西アフリカのセネガルに囲まれたガンビアという国では、若者への現金収入や技能習得の機会を与えつつ道路整備を行った。日本政府の補正予算を受けILO(国際労働機関)が計画した事業を、日本のNPOである弊団体が受託し実施した。ケニア事務所で10年以上活動してきたケニア人スタッフが、現地に駐在しガンビア人の若者を相手に道普請を行った。
10年間日本人が駐在し活動したケニア事務所は、ケニア人スタッフに任せることにした。日本人はウガンダに駐在し、新たな事業を起こした。ルワンダでは別の日本人駐在員により事業を行っており、その様子はNHKワールドの番組で紹介された。ミャンマーでは大学生が一年間休学して現地に駐在し、3000万円規模の事業の業務調整を担当してもらっている。メールや電話、現地での指導ともちろん手はかかるが、一年後の成長ぶりが彼自身と日本の将来に期待を持たせる。
SDGs、多分野での活動、他機関との連携、国際化、現地化、人材育成、若者、といったキーワードが含まれる。建設系のノウハウに基づく活動が、上記のような活動展開を可能にしてきた、と感じている。
なぜかこの人と話をすると何事もうまくいきそうな気がする、という人がいる。そういう報告や発信ができるような、団体でありたいと思う。初心を忘れず(ぶれずに)、今後も成長していけるよう努力していく。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等

2019年03月01日

世界の古代文明を継承する日本文化について

img666.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 個人正会員
(NPO法人 関西ミニウイングス 事務局長)
山下 正章


1. はじめに
NPO活動で知り合いになった外国人の方々が、「日本の文化に接すると、何故か穏やかさや懐かしさを感じる。」と言います。また、どこで覚えたのか「一期一会」「経世済民」などの四文字熟語や工事現場での標語「安全第一」「品質第二」「生産第三」の意味を学んでいて、「日本が安全で美しい国である」ことが理解できるとも言います。その理由を探るために日本文化のルーツについて考えてみました。
2. 話し言葉・文字(日本語のルーツ)
世界の言語は、@孤立語(中国語等)、A屈折語(欧米語等)、B膠着語(日本語等)等に分類されています。これらの言語は、古代のメソポタミア文明の地域で話されていた言葉が変化したと考えられています。膠着語は古代の中東でのシュメール語が最も古く、トルコ語、モンゴル語、朝鮮語、日本語などに変化したと考えられています。
文字については、黄河文明での甲骨文字から生まれた漢字が伝わり、大和言葉と融合しつつ新たな仮名が創作され、日本独特の話し言葉や和歌等の文学が生まれたようです。伝統ある和歌の神髄は、本当に伝えたいことをあえて隠し、相手に察してもらうところにあるそうです。だからこそ和歌を学ぶと相手の心を「察する」習慣が身につき「思いやり」や「おもてなしの心」といった、日本文化特有の美徳が育まれるのだそうです。
3. 宗教と哲学(精神文化のルーツ)
世界の一神教はメソポタミアで聖書として体系化され、西方にはキリスト教、東方には原始キリスト教(ユダヤ教・景教)として世界中に伝承されたと考えられています。日本には弥生時代末期に渡来人により原始キリスト教の教えが伝わり、縄文時代からの自然信仰や神話と融合する形で古代神道になったという説があります。日本書記の神話の物語と聖書の物語が類似していることや伊勢神宮の建築様式、式年遷宮のしきたりなどが類似していることなどが多くあることが根拠だそうです。
その後、インドで生まれた仏教が伝わり、古代神道と仏教が融合します。日本では宗教的な意味よりも哲学的な意味を重視していたのだと思います。すなわち、人の生きる道は修行して身に着けるという教えで、働くことが人の道を極めるという考え方です。
4. ものづくり(職人技術のルーツ)
縄文文明におけるものづくり技術は、石器・土器製造、石の加工や研磨などの技術、及び巨木建築、木工、竹細工、藁や麻の加工、貝殻や獣の骨の加工などの生活するための基礎技術であったと考えられます。いずれも世界最古の技術です。
その後弥生時代になると、渡来人により製紙技術や絹織物技術(黄河文明)、鉄などの金属製造技術(メソポタミア文明)などが伝わり、日本の職人が日々改良するとともに後輩に伝授してきました。現在では、先端的な科学技術立国の一つになっています。
5. おわりに
縄文文明を基軸として、世界の文明で生み出されたものを吟味した後に取り入れ、融合・改良してきたものが日本文化ということになります。あらゆる古い文明を破壊することなく継承してきたことは、世界に例がないのかも知れません。
元号も新しくなり、地政学的に恵まれた日本列島で暮らしている日本人がその文化を護りつつ、世界の人々に恩返しをする時代になったように思います。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等

2019年02月01日

都市交通体系のSDGs的評価(シドニーと京都の例)

img355.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム個人正会員
(NPO法人SLIM Japan 顧問)有岡 正樹


CNCP通信Vol.44(2017.12)〜Vol.56(2018.12)の計13回に分け、「シドニー視察旅行記」と題して連載してきた(通信[アーカイブf.] でpdf版一括ダウンロード可能)が、日本でのインフラメンテに関する研究が主として道路や橋であったことから、視察対象のほとんどがそれに関する施設であった。ただシドニー地域では、都市交通として今一つ重要な鉄道なども最近大きな変革を遂げているので、その視点で番外編としてシドニー市内のライトレール事業の現況等について、その建設の進め方やそのSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)にかなった都市形成のオーストラリアと日本の考え方の差などを視点に、その後調べたことに触れておきたい。
1.シドニー市街地メイン道路の再編
(1)ジョージ・ストリート: George St.)の例
シドニー中心街(CBD:The Central Business District)は、右地図の上部左側の入り江ダーリンハーバーと、右側の王立植物園やThe Domain、Hyde Parkなど緑色部分とに挟まれた東西約1km、南北約3.5kmの碁盤の目をした地域であり、その中央部を縦貫するメイン道路がジョージストリートである。その通り沿いにはタウンホールやクイーンヴィクトリアビルディングなどの歴史的建物や、多くの高層ビル・ホテル、さらには商店などが立ち並ぶ、市内で最も混雑する片側2車線の交通の要所である。我々もそうだが、シドニーを訪れる国内外の人々にとっては、ごく日常的に訪れる通りである。

img368.jpg
シドニー市近郊を循環するライトレール・ルート

この道路には、20世紀終わりにその西側にある上述のダーリングハーバーというカジノホテルを含む一大観光施設と都心とを結ぶモノレールが建設され、オーストラリア建国200周年を記念して1988年に開通した。その頃建設会社社員としてシドニーに駐在していた筆者も、受注活動に加わ ったが足元にも及ばなかったのを憶えている。歩道脇にI型鉄骨で造作された支柱と軌道桁という何の変哲もない構造で、その上を右写真に示すような7両連結のモノレールが走っていたのを時折利用もした。事業費は我々の見積もった半額以下であったろうか。ただ、この路線は需要の見通しが大きく外れたこともあって,2013年には廃線、施設撤去となったので、わずか25年の命であった。

img369.jpg
撤去されたシドニー中心部のモノレール

一方そのジョージストリートの地下には、郊外から市内に 繋がる近郊路線が集結するインナー・ウェスト・ラインと称する鉄道が走っており、間違いがいなくシドニーの動脈であることが分かる。

(2)進展するシドニー中心街及び南東延伸ライトレール
本ライトレールはThe CBD and Southeast Light Railと称される路面電車で、上述のモノレール撤去に相前後して2012年にルート決定、2014年に着工している。ルートは、前頁地図に朱線で示すように、CDBの北端であるサーキュラーキーからジョージストリートを南下しRAWSON PLACE駅で左折、CENTRAL STATIONを経て南東に進み、途中More Park北で500mほどのトンネルを通過したのちNSW大学に至ることになる。全長12km、停留所数19の大事業である。
この路線の特筆すべき点はジョージストリートの大改造で、車道2車線に相当するライトレール軌道以外は拡幅された歩道のみとして、原則として車道を無くいするという計画のようである。2015年にシドニーを訪れた時には、その建設工事が始まっていた。何よりも驚いたことは、そのCBD部の工事において車道部をフェンスバリケード等で車線部の全幅員を固定占用して、電線他地下埋設施設を最新の技術体系に沿って更新しながら、軌道工事を行っていたことである。いわば銀座通りを全線封鎖して、といったことになる。ちなみに本事業もスペインの企業によるPPP事業で内なる国際化は堅調である。

img370.jpg
CBDの車道部を全幅占用しての路上工事

(3)パークストリート下のクロスシティトンネルによる通過交通対応
 これは上記ジョージストリートのライトレール事業より時期的に早く、PPP有料道路事業の一環として2005年8月に開通した2.4kmの片側2車線の自動車専用の道路トンネルで、シドニー市内の東西に通過する車両を対象としている。したがってこれまで地上のパークストリート利用していた交通量が、このトンネルに分散されることにより減少することから、その分ここでも地上の歩道が広げられている。ただ、結構高い通行料を設定しており交通量が想定の半分程度で採算が合わず、これまでに2回財政破綻、事業者変更を経ており、PPP事業としては失敗の例として知られている。

2.京都四条通の例
上述のようにシドニーのCDB道路網は碁盤の目をしており、京都に生まれ育った筆者には親しみの持てる街として、今でも渡豪時には多くの時間を過ごす。京都でいうとジョージストリートは烏丸通(地下鉄路線)、パークストリートが四条通(阪急路線)ということでどちらも文字通りメイン道路になる。
そしてこの内の四条通は京都一の商店街で、わずか1kmの間に百貨店3店舗他、専門店、オフィスビルなどが並ぶシドニーでいえばジョージストリートに当たる。その四条通は片側2車線の車道と繁華街にしては狭い歩道の道路であったが、この車道各1車線を歩道に変えるという歩道拡幅工事が、2012.11〜2013.10の約1年をかけて断行された。16カ所のバス停を「テラス型バス停」と称して4カ所に集約したりして、バスによる公共交通を主体にして一般車の通過交通量を減らすと同時に、歩道幅を倍旧以上に広げ観光産業躍進につなげようとの意図のようだ。ここ6年間で10倍にも及ぶ観光客を中心とした年間3千万人と訪日者の急増というインバウンド現象も重なって、大きな成果を上げているだろうことは想像に難くない。

img371.jpg
車道を付け変え拡幅された京都四条通の歩道

今年1月11日の日経新聞は、「本紙調査 持続可能な都市 京都市がトップ」との見出しで、この四条通りの歩道拡幅や、郊外に車を止めて公共交通を利用してもらうパークアンドライトに注力なども、その優れた評価の理由として上げていた。オーストラリアのSDGsのランキングは、石炭輸出等外への環境評価面で劣後しており高くないが、上記の例を含めこれからも新しい取り組みを期待したい。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等