2019年02月01日

CAFEO-36(シンガポール大会)参加

img655.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム
法人正会員(NPO法人 シビルサポートネットワーク 理事)
出ア 太郎


昨年11月シンガポールで開催されたCAFEO-36に参加しました。今回はシンガポールのリゾートアイランド セントーサ島で行われ、そのテーマは“Engineering Rail Connectivity”と“Fostering Excellence in Engineering Education”の二つでした。セントーサ島は6月に米国トランプ大統領と北朝鮮金委員長が会談したことで世界の注目を集めました。この記念すべき場所で行われた大会の一端を紹介いたします。

img656.jpg
シンガポールの南 セントーサ島

1.CAFEOとは
CAFEO(Conference of ASEAN Federation of Engineering Organizations)は、非政府系組織による東南アジア技術者の交流大会で、構成10カ国が毎年持ち回りで開催しています。日本はオブザーバーとして参加していますが、他に常連国のオーストラリア、韓国なども参加しています。参加者は、原則現地集合・現地解散で、自費での参加です。
私は日本技術士会の一員として21回大会から連続して参加しており、今大会で16回目になります。

2.CAFEO-36
CAFEO-36は11月12日(月)から14日(水)までの開催でした。セントーサ島は、本島から約600m南に位置しています。東西約4km、南北約1.5km、面積約4.71km2で、政府の観光政策で開発されてきた島です。この島のあちらこちらにレジャー施設やアトラクション施設、ホテルが配置されています。そのホテルのひとつで米朝首脳会談が行われたのです。 
初日はRegistration と19:00からのWelcome Dinnerが予定されているだけでした。ほぼ1時間遅れで始まったDinnerで日本からの参加者と初めて顔を合わせました。主催者による歓迎スピーチの後、ステージで各国のパフォーマンスが行われました。このパフォーマンスはこれまでは最終日のさよならパーティで行われていたものです。日本は若い技術者が空手を披露しAKB48の曲で歌い踊っていました。

img657.jpg
セントーサ島

img658.jpg
日本のパフォーマンス

二日目から本格的なCAFEO行事が行われました。Opening Ceremonyの後、二つのテーマとWomen Summitが並行して行われました。翌日最終日はメンバー国のCountry Reportを加えて夕方まで続き、参加者のPresentationが行われました。参加者は各Room自由に出入りして参加できます。
最終日18:00からClosing Banquetが開かれました。各国伝統衣装での参加が求められます。シンガポールの伝統舞踊が披露され、AFEOメンバー国功労者の表彰、次回開催国インドネシアへの引継ぎが順次行われました。最後に若い技術者がステージへ上り、歌い踊って別れを惜しんでいました。

img659.jpg

img660.jpg
参加者によるPresentation

img661.jpg

img662.jpg

img663.jpg

img664.jpg
Closing Banquetでの交流

3.最近の状況と次回の開催
CAFEOでは組織委AFEOやFEIAPのミーティングも同時に行われるようになってきています。 FEIAP(Federation of Engineering Organizations in Asia and the Pacific)は、アジア太平洋地域のエコノミーにある技術士会(日本においては日本技術士会)の集合体です。ASEAN諸国が中心となり、その周辺エコノミーである日本、韓国、台湾、中国、オーストラリアなどを含んでいます。最近はナイジェリアなどアフリカ方面のエコノミーも参加するようになっているとのことです。
ASEANでは2015年末、加盟する10カ国が域内の貿易自由化や市場統合などを通じて成長加速を目指す広域経済連携の枠組み「ASEAN経済共同体(AEC)」が発足しました。当時で域内人口は欧州連合(EU)を上回る計6億2000万人、域内総生産が2兆5000億ドル(約300兆円)に達する巨大な経済圏です。投資、人の流れを自由化し、関税を撤廃して域内の自由貿易圏実現を目指しています。
次回は、本年 9月11日から 14日までインドネシアのジャカルタで開催されます。最近は学術的というより交流が主という感がありますが、技術者であればCAFEO-37のホームページから参加費を添えて申し込めばだれでも参加できます。今回、日本技術士会の青年組織から 25人もの若い技術者がCAFEOの若い人たちのプログラムYEAFEOに参加しました。このような交流の機会を踏み台に今後の国際的な活躍を期待したいものです。

img665.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等

2018年12月01日

オーストラリアはサラダボール国家

img652.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム 理事 世古 一穂


オーストラリア人の5人に一人は海外生まれ。世界130か国からの移住者だ。
白豪主義から多文化主義へと180度の転換を果たしたオーストラリアは、これまでにない
多民族共生の国作りを、進めてきた。
さまざまな民族がどうやって共に暮らすか、政治は?経済は?福祉は?教育は?
移民を、ほとんど受け入れない日本とはまるで違うオーストラリアに大きな関心を持って
旅に臨んだ。
「コスモポリタン都市」とはたんに、民族、エスニシティの多様性だけを、さすのではない。それだけなら米国もそうだろうが、オーストラリア人が誇りにしているのは、かれらが多民族国家づくりにおいて民族の共生を、めざした国づくりを大きな社会的混乱なしに着実に成果をあげていることである。
●異質の他者の排除から共生へ、
180度の、政策転換の成功の秘訣として挙げられるのが、「多文化主義」だという。この新政策のもとでは、すべてのオーストラリア人がそれぞれの言語、文化、宗教などを維持しながら、人種、民族、性の違いに関わりなく平等な市民として国の発展に貢献する権利を保障されているのだ。
同化主義に基づく米国とは大きな違いである。
とはいえ、白豪主義から多文化主義への政策転換か、そのまま国民の意識改革につながるわけではない。
新しいオーストラリア国家像を織り上げていこうとする試みはまだ実験段階といってもよいのかもしれない。

img653.jpg
アボリジニの男性の街頭での演奏

●それに対して日本はどうか?
日本の指導者たちの発言の裏にあるのは、日本民族と文化の優越性神話ではないだろうか?日本人のいう「国際化」とは日本を世界のようにするのではなく、経済とテクノロジーを武器にした世界の日本化ではないだろうか?
移民問題、難民問題にしても、その受け入れ枠はすこしずつ拡大されたものの、消極的な基本姿勢はいまだに変わっていない。
私たち日本人がオーストラリアから学ぶべきことは多々あるが、私は多文化主義の本質をこの国から深く学ぶことが、少子高齢化が課題となっている日本にとってもっとも大切なことだと思った。
私たちが訪れたジャカランダの満開の季節はオーストラリアが一番美しい季節だと聞いた。
ジャカランダは多文化共生の象徴とも言えるのでないだろうか?

img654.jpg
満開のジャカランダ
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等

2018年11月01日

「ジャカランダ」への小さな恋の物語

img644.jpg
シビルNPO連携プラットフォーム サポーター
NPO法人SLIM JAPAN理事 塚原 健一


CNCP通信連載中のシドニー視察旅行記も、各人レポートは諸分野に及び、いよいよ最終回も近くなった本号では、本来の研修とは道を外れますが、私を含み旅団員全員が日本国内生活圏では普段経験出来ない様な日々をレポートしてみます。
豪州渡航を経験されたことのある読者の皆様は、どれ程の方がこの花のご見識をお持ちでしょうか。 2度目の渡航となる私ですが、この初体験を生涯忘れる事が出来ないでしょう。原産地はブラジルやアルゼンチンで花言葉は「名誉」や「栄光」と表現するとのこと、その名は「ジャカランダ」、別名日本では「紫雲木」や「桐擬き」とも呼ばれています。今回、旅団員からの強い要望も有り、研修旅団長SLIM JAPAN 有岡理事長が、当時(30年前?)自宅のあった豪州NSW州シドニー北部のキララへ案内して頂き、渡航前に聞いていた「ジャカランダ」の「花」に出会う事が出来ました。この素晴らしさをどの様な言葉で表現すればご理解頂けるかと苦悩しますが、花弁は一見したところ「梵鐘」が思い浮かび、よく視るとそれより細身で八頭身、まるで洒落た風鈴の様でした。(右写真) 

img645.jpg

花の色は「淡紫」から「濃紫」と多様であり、それは樹齢で異なるのか、木高で異なるのか、未解決のまま唯々見惚れて時間が経過します。その「ジャカランダ」並木道に沿って広がる名門ゴルフ場の名は、現地を車で案内してくれたKam Taraさんから聞いてはいましたが、放心状態に近い私には残念ながら記憶に残っていません。いわば神宮外苑の「銀杏並木」の如く、約200M〜250Mの道路両脇に咲き誇る木々は、外苑とは多少異なり等間隔ではないが、それぞれが自慢げに開花しておりました。まるで日本の春爛漫で、かつてはこの通りを「ジャカランダ通り」として騒がれた由緒ある一路であったそうです。その時代有岡理事長は樹木下で、花見で一杯二杯と騒いだかどうかは未確認でしたが・・・・。その頃に比べずいぶん数が少なくなったとのことですが、厳しい見方をすれば樹木管理や保守整備の欠落か、環境問題か、所々幹に痛々しく大小傷があり、枯れてしまったのもあるのでしょう。保湿や保水、そして冬季の通気性を考慮した幹巻など、日本の様に手入れするのかが気になるところでした。いくつか課題が残るがしかし、それでも元気に咲き誇る「ジャカランダ」は、下の写真の様に日本の桜同様、側道脇豪邸の庭先のそこかしこに、といったところでした。

img646.jpg

美しい花達を愛する人間の優しい気持ちは、おそらく世界共通と改めて確認する事が出来た。他方、ゴルフ場に目を移すとコース間のラフ樹木にも「ジャカランダ」は、ショットポイントになる様な位置に鎮座し、ゴルファーの目を楽します事になるのでしょう。フェアウエイ緑とのコントラストが、花色こそ異なるが日本の「さくら」を連想させてくれました。また、同行のS女史、とM女史、お二人も気持ちが高揚した一時であったのでしょう。一箇所では花欲足りず、私達は再び有岡理事長、Kamさんの案内で「キリビル」へ移動、そこはまるで田園調布を連想する閑静な住宅街、傍には小さな公園も有りとても空気が美味しく感じ、感動する私達へのご褒美として「ジャカランダ」から柔らかく淡い香まで頂いた様な気がしました。(下写真)

img647.jpg

img648.jpg

img649.jpg

(余談@:ここなら残す人生移住しても損は無いと、同行の宮下氏にテレパシー送信)  
(余談A:写真左の紳士はいつものハンチング帽、しかし背中が疲れの現れか)


隣を見ると「S女史・M女史ともに」素晴らしいを連呼で「ジャカランダ」達にうっとり。自身の目にコピーするだけでは事足りず、さかんにThe shower flash。豪州では各家庭の樹木でありながらも、街路樹とし広く各地で登用される様だ。そう、日本の「さくら」同様一年   1回の短い開花生涯と似ている(ジャカランダは桜の約2倍の開花寿命有り)。見守ってやりたいと思う「優しい人間の心」と共通するから。つい昔のメロディーを思い出しました、「♪ちいさい花にくちづけをしたら・・・」その優しいおじさんになりました、そう初恋です。
その曲の歌詞にもありますが、「♪私を摘んでお家に連れてって・・・」ではありませんが、S女史に「ジャカランダ」の種子を拾って頂きました。多分皆様からそれとなくご下命頂いたのか、それとも自身で思い込んだのか定かではないが、日本に持ち帰りこの思い出と共に、キララで拾った「命」を大切に、東京で育ててみようと思いましたが、残念ながら植物検疫により不可能。確かに気候的には難しく難易度は高いが、日本国内で種子を入手し先駆者の宮下事務局長のご経験をご教示いただき、自宅狭庭に「濃紫」の1ポイントを「小さな恋心」として咲かせてみたい。
市内移動中の車窓からも、そして、カトウーンバへの道中にも「ジャカランダ」は美しい姿を見せ堪能しました。これから豪州観光旅行に向かう皆様には是非、10月末〜11月中をお奨め致します。最後になりますが、AUSTRALIA KUMAGAI橋爪所長様 秦泉寺様本当に有難うございました。

img650.jpg

img651.jpg
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | 国際化等