2018年10月01日

人口減少の亡霊が招くデフレマインド

img742.jpg
シビルNPO連携フォーラム 理事
NPO全国街道交流会議 代表理事
(パシフィックコンサルタンツ株式会社 特別顧問) 藤本 貴也


少子高齢化に伴う人口とりわけ生産年齢人口の減少は、その水準の高さと進展の速さがゆえに、我が国の現在および将来の様々な分野に大きな問題を投げかけている。先日日刊建設工業新聞90周年記念シンポジウム「国のかたちをかんがえる」が開催され、その基調講演においても中長期的な人口減少を根拠に日本のGDPは今後とも減少傾向をたどらざるを得ないということを前提に様々な議論が展開されていた。国立社会保障・人口問題研究所の中位推計によると平成27(2015)年12,709万人の「人口」が50年後の平成77(2065)年には8,808万人まで減少する(30.7%減少)。「生産年齢人口」にいたっては7,728万人から4,529万人へ41.4%減少するとの数字を見れば、中長期的な経済の成長に対しては悲観的な気持ちになることも理解できる。
しかし、この人口減少率を1年あたりでみると「1%前後」であり、厳しいハンディキャップではあるものの、以下に述べるように、克服できないほどのレベルではないということがわかる。経済の潜在成長率は、「労働力」、「資本(生産設備)」、「生産性」の伸び率で決まることはよく知られている。このうち、「労働力」の中心となる「生産年齢人口、即ち15歳以上65歳未満人口」は確かに年間1%前後減少するが、高齢者や女性の社会進出によりその減少を緩和することが出来る。また「生産性」については、技術革新やインフラの改善により効率化が可能である。昭和40年代我が国は年間10%程度の高度経済成長を達成した。この時期は確かに人口が伸びて経済を押し上げたことは事実であるがそれは高々年間1%程度であり、残る約9%分は「資本」、「生産性」の伸びによるものであった。
あるマスコミ人から、「将来の経済見通しについては悲観論を展開するほうが知的に見え、また予想を上回って経済が成長しても非難の声は小さい。一方楽観論を述べる人は軽薄に見え、予想を下回って経済が伸び悩むと非難され易い。したがって識者は悲観論を述べがちだ」と言われたことがある。
小泉政権以来、財政当局主導で緊縮財政即ちデフレ政策が採られてきた。この結果最近の約20年間、世界中の先進国が2〜3%着実に経済が成長してきた中で、唯一日本だけがゼロまたはマイナス成長で今日を迎えている。平成24(2012)年第2次安倍内閣が発足、「3本の矢」でデフレ脱却をはかろうとしてそれなりの効果はみられたが、残念ながら安定成長軌道に乗るには至っていない。その大きな原因の一つが、「失われた20年」の後遺症も影響して、多くの有識者やマスコミが将来の経済見通しについて悲観論を語る結果、民間企業経営者や国民にもデフレマインドが浸透し前向きな設備投資や技術開発或いは消費の拡大に対して消極的にならざるを得ないことが大きな原因の一つではないかと思う。
多くの先進諸国はこの20年間着実に成長し、その果実により大規模なインフラ整備に取り組み、生産性の向上を図っている。我が国においても人口減少の亡霊に惑わされることなく、官民ともに前向きな投資に取り組めるよう、あえて楽観論を唱える識者が増えることを期待したい。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)

2018年06月01日

知恵の共有を進めよう

img686.jpg
(特非)シビルNPO連携プラットフォーム 理事
一般財団法人 建設業技術者センター理事長
青山 俊樹


民主党政権時代から徐々に歩行が困難になり、心が急ぐ時は『加速歩行』という症状が現れ、転びやすく、次第に立食パーティー等は立っておれないという状態となった。
娘から脳神経内科への受診を勧められ、都内にあるT病院で診察していただくことになった。50代半ば位の穏やかな先生が丁重に私の話を聞いてくださり、ぽつりと「進行性核上性麻痺かな?」と呟かれた。自宅に帰ってパソコンで調べたところ、『転びやすさ、歩行障害が特徴的であり、発症から4〜5年で寝たきりになるケースが多い。根本的な治療はまだなく、平均的な生命予後は5〜9年程度とされている。』
悶々としながら外来での診察を受けていたが、状況は変わらず、先生も「歳ですからねー。」と仰るばかり。ある日「入院して検査されますか?」との問いかけに「はい、お願いします。」と即答した。入院中にひょっとしたら水頭症かもしれないという検査結果が出て、今度は脳神経外科の先生方が病室に来られ「当院でも水頭症の手術をやっております。頭蓋骨を開けることになりますので約1ヶ月入院していただき、それとほぼ同期間自宅療養していただくことになると思います。」と仰った。
「もっと良い方法はないのかなあ?」と考えていた丁度その時、息子が「インターネットを調べていたら、順天堂医大で、頭蓋骨を開かなくても管を背中に廻して髄液のバイパスをつくり、お腹に埋め込んだバルブを外から磁気を当て調節する手術がある。」という情報を教えてくれた。「よし、それでいこう!」と私は順天堂の宮島先生の下に駆け込んだ。宮島先生との打合せは10分位であったが、手術日も1週間後に、手術執刀者は中島円先生と決めていただいた。手術は半身麻酔で1時間半で終わり、10日間のリハビリを経て退院した。その後の経過は頗る順調で今日に至っている。まさに神に感謝、宮島・中島両先生をはじめ病院関係者全てに感謝し続けている毎日である。
その一方で、この画期的な手術法が何故もっともっと普及しないのか、という思いも生じた。人の命を預かる手術であるから、単に論文だけを読んで実行出来るというものではなく、医局間の人事交流を図り、手術の助手をさせてもらうことから始めても4〜5年の歳月は必要となるだろうから、難しいことは想像できるが、新しい技術開発を行うだけでなく、それを普及させることが極めて大切なことだと思う。
翻って、建設の世界での技術開発とその普及システムとしてはNETIS等のシステムがあり、それも一定の成果を挙げているが、医の世界の医者に相当するのは、コンサルタントでありゼネコンである。発注者(クライアント)は、良い医者を選ぶのにもっともっと血眼になり、細かい指示をするのではなく、その医者が信用できるかどうかという判断を磨くべきである。その意味からも重要な仕事に際しては、設計段階からコンサルタント、ゼネコンに自由度を持って知恵と工夫を絞っていただくような性能発注方式を採るべきであろう。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)

「過 則 勿 憚 改」

(特非)シビルNPO連携プラットフォーム個人正会員 監事
NPO法人あそ地下足袋倶楽部理事長 木村 達夫


紀元前の春秋(戦国)?時代“日没国”(現、共産支配の支那)に、多くの国が乱立、対立していた時代、その中の一つ「魯の国」(山東省南部)に生を受けた“孔子(紀元前552〜同479)”という儒家が言った論語の中の一節に、「過則勿憚改」・・・!という言葉がある。内容は“過(あやま)ちては、即(すなはち)改(あらた)むるに、憚(はばか)ること勿(な)かれ”と言うそうだ。
我が、“日出国”(神州日本)の言葉に訳すと、要は“自分が「ミス」をした時は、躊躇なく即座に非を認め、また、その時は自身の今までのプライド等は大いに傷付くが、その「ミス」を隠し恐れるようでは駄目だ、そんなことでは人間として大成できない”ということらしい。20数年もの前、ある講演会で聞いたことなので、国語力「ゼロ」の“小生”のこと、訳が間違っていたら本当に申し訳ありませんが・・・。
しかし、仕事をやっている限り、神様でない我々人間は「大なり・小なり、ミス」をしない者は、誰一人おらず、自分の仕事でやった「ミス」に気づいても“プライド”という厄介極まりないものが脳裏を掠め、また。若い頃の勉強等で、“勘違い“等で入った知識など曲げたくないのが、数多いる生き物の中で“考えて行動”等を起こす我々人間だ。あまりグズグズ言い訳をしたり、誤魔化してその場を一時的に凌いでも、最終的には後で必ず分かるもの、そんなことをして仕事の真似事をしている振りをしているようでは、上役や部下らの見る目も変わり、その人間の度量も見抜かれてしまう。どんな仕事をしている人でも「ミスはミス」と”認め、それを次の仕事に活かし、自分自身の後の勉強・研鑽に活かし役に立ててもらいたいものだ。「ミス」ほど“金では買えない一生の宝物”になるのではないか・・・。
桎梏、何度も言うが、「ミス」と言っても勘違い、聞き違い、見違い等数多くあり、その「ミス」を不幸にも起こしてしまった時は言いづらいのはよくわかるが、上役、同僚、部下らに、言い訳せずに、間違ったことを認め、それを早くさらけだし対策を立てて置かないと、後に必ず迫り来る“検査・納品”等にも通らない「不合格」品となり、その時の代償の方が何倍も大きいのでは・・・。「ミスはミス」として早々に解決策をとり、常に仕事への意欲、やる気をもち、仕事の締めに「歓働感」を味わいたいものだ。
仕事をしている限り、「ミス」が無くなることはないと思うが、常に仕事への意欲、やる気をもち、自らや上役・部下等にも何度も何回も、チェックをし、また、してもらったりする“癖”をつけることも大事ではないか、とかく、我々人間は、思い込み、勘違い、理解不足等々あるものだ、これは「ミス」を数多経験した“小生”だから、デッカイ面して言えることだ。
以前、NHKで「紅白の総合司会」等もやった、女性に「超・ベテラン」アナと言っては誠に失礼な話だが、最近まで担当していた人気番組「あさイチ」という番組の司会の有働アナでさえ、以前・・・呼びかけのコーナーで「・・・浮足立つたこと・・・」について視聴者等へ意見を求めたことがあった。人気番組なので直ぐに視聴者から「グァムに行った時、気持ちがウキウキして水着を忘れた」・・・等々の体験等が多く寄せられ、それらを有働アナは「・・・浮足立つ・・・」をウキウキワイワイと思い多々紹介していたところ、数多見ている賢明な一視聴者から「浮き指(足)だつ」の意味は「靴が小さく足の中指が・・・では」との“FA]”で・・・、「旅行に行く前、嬉しくて落ち着かない云々」ではないのではと、指摘があり、有働アナも辞書を持ち出して確認し「非」を認めた。こんなことも「ミス」の一つでは・・・、その日の「あさイチ」同アナは放映終了までワイワイウキウキではないが変に「浮き足だって」いたように見えた。誰でも「ミス」はある・・・。当然、浅学の小生も「・・・、嬉しくて落ち着かない・・・」と思っていたのは当然のことです。恙無しや・・・。
posted by CNCP事務局 at 00:00| Comment(0) | その他(随筆的な投稿)